RHEL 5 / 6:thunderbird(RHSA-2013:1142)

critical Nessus プラグイン ID 69255

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題を修正する更新済みの Thunderbird パッケージが Red Hat Enterprise Linux 5、6 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Mozilla Thunderbird はスタンドアロンのメールおよびニュースグループクライアントです。

無効な形式のコンテンツの処理で、いくつかの欠陥が見つかりました。
悪意あるコンテンツが、Thunderbird をクラッシュさせたり、 Thunderbird を実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2013-1701)

Thunderbird が証明書リクエストメッセージフォーマット(CRMF)リクエストを生成する方法に欠陥が見つかりました。攻撃者はこの欠陥を利用して、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を実行したり、Thunderbird を実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2013-1710)

Thunderbird がフレームとブラウザ履歴の間の相互作用を処理する方法に欠陥が見つかりました。攻撃者がこの欠陥を利用して、Thunderbird が騙されて、ブラウザ履歴から来ているものとして悪意のあるコンテンツを処理した場合、XSS 攻撃が可能になります。(CVE-2013-1709)

JavaScript が統一資源識別子(URI)をチェックする方法により、同一生成元ポリシーがバイパスされる可能性があることが見つかりました。攻撃者がこの欠陥を利用して、XSS 攻撃を実行したり、悪意のあるアドオンをサードパーティのページからインストールしたりする可能性があります。(CVE-2013-1713)

Web Workers が同一生成元ポリシーをバイパスする可能性があることが判明しました。攻撃者がこの欠陥を利用して、XSS 攻撃を実行する可能性があります。(CVE-2013-1714)

特定の状況で、Thunderbird が Java アプレットを適切に処理しないことが見つかりました。ユーザーが Thunderbird を介して信頼できない Java アプレットを起動した場合、そのアプレットがこの欠陥を利用してユーザーのローカルシステム上のファイルへの読み取り専用アクセスを取得する可能性があります。(CVE-2013-1717)

Red Hat は、Mozilla プロジェクトがこれらの問題を報告してくれたことに感謝の意を表します。Upstream では、Jeff Gilbert、Henrik Skupin、moz_bug_r_a4、 Cody Crews、Federico Lanusse、および Georgi Guninski の各氏をこれらの問題の最初の報告者として認識しています。

注:メールメッセージに対して JavaScript がデフォルトで無効になっているため、上述した問題のすべては、特別に細工された HTML メールメッセージにより悪用されません。RSS フィードのリモートコンテンツ全体を表示するときなど、Thunderbird でこれらを別の方法で悪用することが可能です。

Thunderbird の全ユーザーは、 Thunderbird version 17.0.8 ESR が含まれるこれらの更新済みパッケージにアップグレードし、この問題を修正する必要があります。
この更新を有効にするには、更新をインストールした後、Thunderbird を再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受ける thunderbird および/または thunderbird-debuginfo パッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2013:1142

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1709

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1701

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1713

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1710

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1717

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1714

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 69255

ファイル名: redhat-RHSA-2013-1142.nasl

バージョン: 1.24

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/8/8

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:thunderbird, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:thunderbird-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5.9, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/8/7

脆弱性公開日: 2013/8/7

エクスプロイト可能

Metasploit (Firefox toString console.time Privileged Javascript Injection)

参照情報

CVE: CVE-2013-1701, CVE-2013-1709, CVE-2013-1710, CVE-2013-1713, CVE-2013-1714, CVE-2013-1717

BID: 61641

RHSA: 2013:1142