SeaMonkey < 2.20 の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 69272

概要

リモート Windows ホストに、複数の脆弱性の影響を受ける可能性がある Web ブラウザが、含まれています。

説明

インストールされている SeaMonkey のバージョンは、2.20 より前です。このため、以下の脆弱性の影響を受ける可能性があります。

- メモリ破損状態を引き起こす可能性のある様々なエラーが存在します。(CVE-2013-1701、 CVE-2013-1702)

- 「SetBody」を使用し、「証明書リクエストメッセージ」を生成する際に、DOM 変更に関連する use-after-free エラーが存在します。(CVE-2013-1704、 CVE-2013-1705)

- 「nsCString::CharAt」関数にエラーが存在し、特別に細工された WAV オーディオファイルをデコードする時にアプリケーションがクラッシュする可能性があります。(CVE-2013-1708)

- HTML フレームおよび履歴処理、「XrayWrappers」、 JavaScript の URI 処理、および「XMLHttpRequest」を使用する Web ワーカーに関連する詳細不明のエラーが存在し、クロスサイトスクリプティング攻撃が実行される可能性があります。
(CVE-2013-1709、CVE-2013-1711、CVE-2013-1713、 CVE-2013-1714)

- 「証明書リクエストメッセージフォーマット」(CRMF)リクエストの生成に関連する詳細不明のエラーが存在し、クロスサイトスクリプティング攻撃が実行される可能性があります。
(CVE-2013-1710)

- Java アプレットと「file:///」URI に関連するエラーが存在するため、任意のファイルへ読み取り専用のアクセスが行われる可能性があります。(CVE-2013-1717)

- HTML および iframe が含まれる電子メールメッセージ、および当該のメッセージに対する返信または転送アクションに関連する入力検証エラーが存在し、クロスサイトスクリプティング攻撃が実行される可能性があります。(CVE-2013-6674)

- HTML およびオブジェクトまたは埋め込み要素が含まれる電子メールメッセージに関連する入力検証エラーが存在し、クロスサイトスクリプティング攻撃が実行される可能性があります。
(CVE-2014-2018)

ソリューション

SeaMonkey 2.20 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2013-63/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2013-64/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2013-65/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2013-67/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2013-68/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2013-69/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2013-70/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2013-72/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2013-73/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2013-75/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-14/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 69272

ファイル名: seamonkey_220.nasl

バージョン: 1.24

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2013/8/8

更新日: 2019/11/27

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2013-1710

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:seamonkey

必要な KB アイテム: SeaMonkey/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/8/6

脆弱性公開日: 2013/8/6

エクスプロイト可能

Metasploit (Firefox 5.0 - 15.0.1 __exposedProps__ XCS Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2013-1701, CVE-2013-1702, CVE-2013-1704, CVE-2013-1705, CVE-2013-1708, CVE-2013-1709, CVE-2013-1710, CVE-2013-1711, CVE-2013-1713, CVE-2013-1714, CVE-2013-1717, CVE-2013-6674, CVE-2014-2018

BID: 61864, 61867, 61871, 61872, 61874, 61875, 61876, 61877, 61882, 61896, 61900, 65158, 65620

CERT: 863369

EDB-ID: 31223

CWE: 20, 74, 79, 442, 629, 711, 712, 722, 725, 750, 751, 800, 801, 809, 811, 864, 900, 928, 931, 990