Debian DSA-2738-1:ruby1.9.1 - いくつかの脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 69398

概要

リモート Debian ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

いくつかの脆弱性が、Ruby 言語のインタープリターで発見されました。これにより、サービス拒否と他のセキュリティの問題が発生する可能性があります。Common Vulnerabilities and Exposures プロジェクトは次の問題を特定しています:

- CVE-2013-1821 Ben Murphy 氏が、REXML の中の無制限エンティティ拡張がホストのメモリを全て消費することで、サービス拒否が発生する可能性があることを発見しました。

- CVE-2013-4073 William(B.J.)Snow Orvis 氏は、Ruby の SSL クライアントでホスト名チェックに脆弱性があることを発見しました。これにより、中間攻撃者が、信頼できる証明機関が発行した有効な証明書を介して SSL サーバーになりすますことができる可能性があります。

ソリューション

ruby1.9.1 パッケージをアップグレードしてください。

旧安定版(oldstable)ディストリビューション(squeeze)では、これらの問題はバージョン 1.9.2.0-2+deb6u1 で修正されています。

安定版(stable)ディストリビューション(wheezy)では、これらの問題はバージョン 1.9.3.194-8.1+deb7u1 で修正されています。

関連情報

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=702525

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=714543

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2013-1821

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2013-4073

https://packages.debian.org/source/wheezy/ruby1.9.1

https://www.debian.org/security/2013/dsa-2738

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 69398

ファイル名: debian_DSA-2738.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/8/20

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:ruby1.9.1, cpe:/o:debian:debian_linux:6.0, cpe:/o:debian:debian_linux:7.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/8/18

参照情報

CVE: CVE-2013-1821, CVE-2013-4073

BID: 58141, 60843

DSA: 2738