RHEL 6:カーネル(RHSA-2013:1173)

medium Nessus プラグイン ID 69493

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題と複数のバグを修正した更新済みカーネルパッケージが Red Hat Enterprise Linux 6 で利用可能になりました。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

カーネルパッケージには Linux オペレーティングシステムのコアである Linux カーネルが含まれています。

この更新では以下のセキュリティ上の問題が修正されます:

* Linux カーネルのストリーム制御転送プロトコル(SCTP)の実装が重複クッキーを処理する方法に欠陥が見つかりました。
ローカルユーザーが SCTP 接続情報にクエリを行うと同時に、リモートの攻撃者が細工されたシステムへの SCTP 接続を初期化すると、NULL ポインターデリファレンスが引き起こされ、システムがクラッシュする可能性があります。(CVE-2013-2206、重要度高)

* RHSA-2012:1304 を介してリリースされた CVE-2012-3552 の修正により、 Linux カーネルの TCP/IP プロトコルパッケージの実装に無効な解放の欠陥が取り込まれたことがわかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、細工された sendmsg() の呼び出しを介してカーネルメモリを破壊することで、サービス拒否を引き起こしたり、システム上で自らの権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2013-2224、重要度高)

* Linux カーネルのパフォーマンスイベント実装に欠陥が見つかりました。特定の Intel プロセッサのシステムでは、権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用し、perf サブシステムを利用して OFFCORE_RSP_0 および OFFCORE_RSP_1 モデル固有のレジスタの予約ビットに書き込むことで、サービス拒否を引き起こす可能性があります。
(CVE-2013-2146、重要度中)

* Linux カーネルの TCP/IP プロトコルパッケージ実装に、無効なポインターデリファレンスの欠陥が見つかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、IPv4 の宛先に接続された IPv6 ソケットで sendmsg() を使用することで、システムをクラッシュさせたり、システム上で自身の権限を昇格させたりする可能性があります。(CVE-2013-2232、重要度中)

* Linux カーネルの Bluetooth 実装における情報漏洩の欠陥により、権限のないローカルユーザーがカーネルメモリをユーザー空間に漏洩できる可能性があります。(CVE-2012-6544、重要度低)

* Linux カーネルの情報漏洩の欠陥により、権限のあるローカルユーザーが、カーネルメモリをユーザー空間に漏洩できる可能性があります。
(CVE-2013-2237、重要度低)

この更新は、いくつかのバグも修正します。これらの変更に関するドキュメントは、「参照」セクションでリンクされているテクニカルノートドキュメントから、間もなく入手できるようになります。

ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を解決する必要があります。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2012:1304

http://www.nessus.org/u?c6b506c4

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2013:1173

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2012-6544

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-2232

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-2224

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-2237

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-2206

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-2146

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 69493

ファイル名: redhat-RHSA-2013-1173.nasl

バージョン: 1.18

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/8/28

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

Temporal Score: 5.1

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-i686, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-s390x, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-firmware, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:python-perf-debuginfo, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/8/27

脆弱性公開日: 2013/3/15

参照情報

CVE: CVE-2012-6544, CVE-2013-2146, CVE-2013-2206, CVE-2013-2224, CVE-2013-2232, CVE-2013-2237

BID: 58990, 60324, 60715, 60858, 60893, 60953

RHSA: 2013:1173