GLSA-201308-06:MySQL:複数の脆弱性

medium Nessus プラグイン ID 69508
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートの Gentoo ホストでは、セキュリティに関連するパッチが少なくとも 1 つ不足しています。

説明

リモートホストは、GLSA-201308-06 で説明されている脆弱性の影響を受けます(MySQL:複数の脆弱性)

MySQL に複数の脆弱性が発見されました。詳細については、以下で参照されている CVE 識別子をレビューしてください。
影響:

リモートの攻撃者が特別に細工されたリクエストを送信して、アプリケーションの権限で任意のコードを実行したり、サービス拒否状態を引き起こしたりする可能性があります。
回避策:

現時点で、既知の回避策はありません。

ソリューション

MySQL の全ユーザーは、最新バージョンへアップグレードする必要があります:
# emerge --sync # emerge --ask --oneshot --verbose '>=dev-db/mysql-5.1.70'

関連情報

https://security.gentoo.org/glsa/201308-06

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 69508

ファイル名: gentoo_GLSA-201308-06.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

公開日: 2013/8/30

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:gentoo:linux:mysql, cpe:/o:gentoo:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Gentoo/release, Host/Gentoo/qpkg-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/8/29

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Metasploit (Oracle MySQL for Microsoft Windows FILE Privilege Abuse)

参照情報

CVE: CVE-2011-2262, CVE-2012-0075, CVE-2012-0087, CVE-2012-0101, CVE-2012-0102, CVE-2012-0112, CVE-2012-0113, CVE-2012-0114, CVE-2012-0115, CVE-2012-0116, CVE-2012-0117, CVE-2012-0118, CVE-2012-0119, CVE-2012-0120, CVE-2012-0484, CVE-2012-0485, CVE-2012-0486, CVE-2012-0487, CVE-2012-0488, CVE-2012-0489, CVE-2012-0490, CVE-2012-0491, CVE-2012-0492, CVE-2012-0493, CVE-2012-0494, CVE-2012-0495, CVE-2012-0496, CVE-2012-0540, CVE-2012-0553, CVE-2012-0572, CVE-2012-0574, CVE-2012-0578, CVE-2012-0583, CVE-2012-1688, CVE-2012-1689, CVE-2012-1690, CVE-2012-1696, CVE-2012-1697, CVE-2012-1702, CVE-2012-1703, CVE-2012-1705, CVE-2012-1734, CVE-2012-2102, CVE-2012-2122, CVE-2012-2749, CVE-2012-3150, CVE-2012-3158, CVE-2012-3160, CVE-2012-3163, CVE-2012-3166, CVE-2012-3167, CVE-2012-3173, CVE-2012-3177, CVE-2012-3180, CVE-2012-3197, CVE-2012-5060, CVE-2012-5096, CVE-2012-5611, CVE-2012-5612, CVE-2012-5613, CVE-2012-5614, CVE-2012-5615, CVE-2012-5627, CVE-2013-0367, CVE-2013-0368, CVE-2013-0371, CVE-2013-0375, CVE-2013-0383, CVE-2013-0384, CVE-2013-0385, CVE-2013-0386, CVE-2013-0389, CVE-2013-1492, CVE-2013-1502, CVE-2013-1506, CVE-2013-1511, CVE-2013-1512, CVE-2013-1521, CVE-2013-1523, CVE-2013-1526, CVE-2013-1531, CVE-2013-1532, CVE-2013-1544, CVE-2013-1548, CVE-2013-1552, CVE-2013-1555, CVE-2013-1566, CVE-2013-1567, CVE-2013-1570, CVE-2013-1623, CVE-2013-2375, CVE-2013-2376, CVE-2013-2378, CVE-2013-2381, CVE-2013-2389, CVE-2013-2391, CVE-2013-2392, CVE-2013-2395, CVE-2013-3802, CVE-2013-3804, CVE-2013-3808

BID: 51271, 51488, 51493, 51502, 51503, 51504, 51505, 51506, 51507, 51508, 51509, 51510, 51511, 51512, 51513, 51514, 51515, 51516, 51517, 51518, 51519, 51520, 51521, 51522, 51523, 51524, 51525, 51526, 52931, 53058, 53061, 53064, 53067, 53071, 53074, 53911, 54540, 54547, 54551, 55120, 55990, 56003, 56005, 56017, 56018, 56021, 56027, 56028, 56036, 56041, 56766, 56768, 56769, 56771, 56776, 56837, 57334, 57385, 57388, 57391, 57397, 57400, 57405, 57408, 57410, 57411, 57412, 57414, 57415, 57416, 57417, 57418, 57780, 58594, 58595, 59173, 59180, 59188, 59196, 59201, 59202, 59205, 59207, 59209, 59210, 59211, 59215, 59216, 59217, 59218, 59223, 59224, 59225, 59227, 59229, 59232, 59237, 59239, 59242, 61227, 61244, 61260

GLSA: 201308-06