Amazon Linux AMI:openssl(ALAS-2011-04)

medium Nessus プラグイン ID 69563

概要

リモートのAmazon Linux AMIホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

MITRE CVE データベースはCVE-2011-3207を以下のように説明しています:

1.0.0eより前の1.0.xのOpenSSLのcrypto/x509/x509_vfy.cは、特定の構造メンバーを初期化しません。これにより、リモートの攻撃者が、過去の時間に対応するnextUpdate値を使用することで、CRL検証をバイパスすることがより簡単になります。

ソリューション

「yum upgrade openssl」を実行して、お使いのシステムをアップグレードしてください。

関連情報

https://admin.fedoraproject.org/updates/openssl-1.0.0e-1.fc14

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2011-4.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 69563

ファイル名: ala_ALAS-2011-04.nasl

バージョン: Revision: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/9/4

更新日: 2015/1/30

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:openssl, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-perl, p-cpe:/a:amazon:linux:openssl-static, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

パッチ公開日: 2011/10/10

参照情報

CVE: CVE-2011-3207

ALAS: 2011-04