Amazon Linux AMI:カーネル(ALAS-2011-22)

medium Nessus プラグイン ID 69581

概要

リモートのAmazon Linux AMIホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Linux カーネル 2.6.37.2 以前の epoll の実装は、epoll ファイル記述子のツリーを適切にトラバースしません。これにより、ローカルユーザーが、epoll_create および epoll_ctl システムコールを行う細工されたアプリケーションを介して、サービス拒否(CPU 消費)を引き起こすことが可能です。

CONFIG_XFS_DEBUG が無効な場合、Linux カーネル 2.6 の XFS において、fs/xfs/xfs_vnodeops.c にある xfs_readlink 関数のバッファオーバーフローにより、ローカルユーザーがサービス拒否(メモリ破損およびクラッシュ)を引き起こしたり、長いパス名を持つシンボリックリンクを含む XFS 画像を介して、任意のコードを実行したりする可能性があります。

3.1 より前の Linux カーネルの crypto/ghash-generic.c により、ローカルユーザーが、(1) ghash_update 関数呼び出しまたは (2) ghash_final 関数呼び出しに続く、ghash_setkey 関数呼び出しの失敗または欠落を発生させることで、サービス拒否(NULL ポインターデリファレンスと OOPS)や詳細不明な他の影響を与える可能性があります。これは、AF_ALG ソケットの書き込み操作によって実証されています。

ソリューション

「yum update kernel」を実行してシステムを更新してください。新しいカーネルを実行するためにシステムを再起動する必要があります。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2011-22.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 69581

ファイル名: ala_ALAS-2011-22.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/9/4

更新日: 2020/7/30

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:kernel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-i686, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-doc, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:amazon:linux:perf, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

パッチ公開日: 2014/9/14

脆弱性公開日: 2011/4/4

参照情報

CVE: CVE-2011-1083, CVE-2011-4077, CVE-2011-4081

ALAS: 2011-22