Amazon Linux AMI:カーネル (ALAS-2012-142 )

high Nessus プラグイン ID 69632

概要

リモートのAmazon Linux AMIホストに、セキュリティ更新プログラムがありません。

説明

Linux カーネルのメモリ管理サブシステムで巨大なページのクォータを処理する方法で、use-after-free の欠陥が見つかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、サービス拒否を引き起こしたり、権限を昇格させたりする可能性があります。
(CVE-2012-2133、重要度中)

use-after-free 欠陥が Linux カーネルの madvise() システムコールの実装で見つかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、サービス拒否を引き起こしたり、権限を昇格させたりする可能性があります。 (CVE-2012-3511、重要度中)

大量の共有ライブラリを使用する 32 ビットバイナリを実行する際、ライブラリの 1 つが、メモリ内の予測可能なアドレスに必ずロードされることが見つかりました。攻撃者がこの欠陥を利用して、アドレス空間配置のランダム化 (ASLR) のセキュリティ機能をバイパスする可能性があります。 (CVE-2012-1568、重要度低)

Linux カーネルの Universal Disk Format (UDF) ファイルシステム実装の udf_load_logicalvol() 関数に、バッファオーバーフローの欠陥が見つかりました。システムに物理的にアクセスできる攻撃者が、これらの欠陥を利用して、サービス拒否を引き起こしたり、権限を昇格させたりする可能性があります。
(CVE-2012-3400、重要度低)

ソリューション

「yum update kernel」を実行してシステムを更新してください。新しいカーネルを実行するためにシステムを再起動する必要があります。

関連情報

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2012-142.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 69632

ファイル名: ala_ALAS-2012-142.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/9/4

更新日: 2018/4/18

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.6

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:kernel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-i686, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-doc, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:amazon:linux:kernel-tools-debuginfo, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

パッチ公開日: 2012/11/20

参照情報

CVE: CVE-2012-0957, CVE-2012-1568, CVE-2012-2133, CVE-2012-3400, CVE-2012-3511, CVE-2012-4508, CVE-2012-4565

ALAS: 2012-142

RHSA: 2012:1426