Amazon Linux AMI:java-1.6.0-openjdk(ALAS-2013-185)

critical Nessus プラグイン ID 69744

概要

リモート Amazon Linux AMI ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

複数の欠陥が 2D コンポーネントのフォントレイアウトエンジンで発見されました。信頼されない Java アプリケーションまたはアプレットが、これらの欠陥を悪用して、Java 仮想マシンのメモリ破損を発生させる可能性があります。
(CVE-2013-1569、CVE-2013-2383、CVE-2013-2384)

OpenJDK の Beans、Libraries、JAXP、RMI コンポーネントに、不適切な権限チェックの問題が複数見つかりました。信頼できない Java アプリケーションまたはアプレットがこの欠陥を利用して、Java サンドボックスの制限をバイパスする可能性があります。(CVE-2013-1558、CVE-2013-2422、CVE-2013-1518、CVE-2013-1557)

java.rmi.server.useCodebaseOnly プロパティの以前のデフォルト値は、リモートで指定された場所から自動的にクラスをロードするための RMI 実装を許可していました。RMI を使用してアプリケーションへ接続できる攻撃者が、この欠陥を悪用して、アプリケーションに任意のコードを実行させる可能性があります。(CVE-2013-1537)

2D コンポーネントが特定の画像を適切に処理しませんでした。信頼されない Java アプリケーションまたはアプレットが、この欠陥を悪用して、 Java 仮想マシンのメモリ破損を発生させる可能性があります。(CVE-2013-2420)

ホットスポットコンポーネントが、特定のイントリンジックフレームを適切に処理せず、 MethodHandle 検索を適切に実行しなかったことが判明しました。信頼できない Java アプリケーションまたはアプレットがこの欠陥を利用して、Java サンドボックスの制限をバイパスする可能性があります。(CVE-2013-2431、CVE-2013-2421)

ImageIO コンポーネントの JPEGImageReader と JPEGImageWriter が、特定のネイティブコードオペレーションの実行中に状態の修正に対して保護しなかったことが判明しました。信頼されない Java アプリケーションまたはアプレットが、これらの欠陥を悪用して、Java 仮想マシンのメモリ破損を発生させる可能性があります。(CVE-2013-2429、CVE-2013-2430)

JDBC ドライバーマネージャが JDBC ドライバーの toString() メソッドを不適切に呼び出す可能性があり、また、ConcurrentHashMap クラスが defaultReadObject() class メソッドを不適切に呼び出す可能性もあります。信頼されない Java アプリケーションやアプレットが、これらの欠陥を利用して、Java サンドボックスの制限をバイパスする可能性があります。(CVE-2013-1488、CVE-2013-2426)

sun.awt.datatransfer.ClassLoaderObjectInputStream クラスがシステムクラスローダーを不適切に呼び出す可能性があります。信頼されない Java アプリケーションやアプレットが、この欠陥を利用して、特定の Java サンドボックスの制限をバイパスする可能性があります。(CVE-2013-0401)

ネットワークコンポーネントの InetAddress シリアル化、ならびに 2D コンポーネントのフォント処理で、欠陥が発見されました。信頼されない Java アプリケーションまたはアプレットが、これらの欠陥を悪用して、 Java 仮想マシンをクラッシュすることができました。(CVE-2013-2417、CVE-2013-2419)

OpenJDK JMX コンポーネントの MBeanInstantiator クラスの実装は、新しいインスタンスを作成する前に、クラスのアクセスを適切にチェックしませんでした。信頼されない Java アプリケーションまたはアプレットが、この欠陥を悪用して、非パブリッククラスのクラスを作成した可能性があります。(CVE-2013-2424)

安全でない許可で、 JAX-WS が一時ファイルを作成した可能性がありました。ローカルの攻撃者が、この欠陥を悪用して、 JAX-WS を使用しているアプリケーションにより作成される一時ファイルにアクセスする可能性があります。
(CVE-2013-2415)

ソリューション

「yum update java-1.6.0-openjdk」を実行してシステムを更新してください。

参考資料

https://alas.aws.amazon.com/ALAS-2013-185.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 69744

ファイル名: ala_ALAS-2013-185.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/9/4

更新日: 2019/7/10

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Agentless Assessment, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:amazon:linux:java-1.6.0-openjdk, p-cpe:/a:amazon:linux:java-1.6.0-openjdk-debuginfo, p-cpe:/a:amazon:linux:java-1.6.0-openjdk-demo, p-cpe:/a:amazon:linux:java-1.6.0-openjdk-devel, p-cpe:/a:amazon:linux:java-1.6.0-openjdk-javadoc, p-cpe:/a:amazon:linux:java-1.6.0-openjdk-src, cpe:/o:amazon:linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/AmazonLinux/release, Host/AmazonLinux/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/9/15

脆弱性公開日: 2013/3/8

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Java Applet Driver Manager Privileged toString() Remote Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2013-0401, CVE-2013-1488, CVE-2013-1518, CVE-2013-1537, CVE-2013-1557, CVE-2013-1558, CVE-2013-1569, CVE-2013-2383, CVE-2013-2384, CVE-2013-2415, CVE-2013-2417, CVE-2013-2419, CVE-2013-2420, CVE-2013-2421, CVE-2013-2422, CVE-2013-2424, CVE-2013-2426, CVE-2013-2429, CVE-2013-2430, CVE-2013-2431

ALAS: 2013-185

RHSA: 2013:0770