Ubuntu 12.04 LTS:linux-lts-raring 脆弱性(USN-1943-1)

medium Nessus プラグイン ID 69810
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Ubuntu ホストにセキュリティ関連パッチがありません。

説明

Vasily Kulikov 氏が、Linux カーネルの perf ツールに、権限昇格を可能にする欠陥を発見しました。ローカルユーザーはこの欠陥を悪用して、perf ツールを使用する時に root としてコマンドを実行する可能性があります。(CVE-2013-1060)

Linux カーネルの Xen サブシステムが、TRIM または SCSI UNMAP をサポートするディスクへの読み取り専用アクセスをゲスト OS に提供する際の欠陥が見つかりました。ゲスト OS の特権ユーザーはこの欠陥を悪用して、ゲスト OS のディスクへの書き込みが本来不可能である場合でも、ディスク上のデータを破壊する可能性があります。(CVE-2013-2140)

IPv6 ソケットを使用して IPv4 の宛先に接続する際の、Linux カーネルの欠陥が見つかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を悪用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。
(CVE-2013-2232)

Linux カーネルの IPSec key_socket 実装に情報漏洩が発見されました。ローカルユーザーが、この欠陥を悪用して、カーネルメモリの機密情報を閲覧する可能性があります。
(CVE-2013-2234)

Hannes Frederic Sowa 氏が、Linux カーネルの IPv6 スタックの setsockopt UDP_CORK オプションに欠陥を発見しました。ローカルユーザーが、この欠陥を悪用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-4162)

Hannes Frederic Sowa 氏が、IPV6_MTU setsockopt オプションが UDP_CORK オプションとの組み合わせで指定されている時の、 Linux カーネルの IPv6 サブシステムにおける欠陥を発見しました。ローカルユーザーが、この欠陥を悪用して、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-4163)。

ソリューション

影響を受ける linux-image-3.8.0-30-generic パッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1943-1/

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 69810

ファイル名: ubuntu_USN-1943-1.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/9/7

更新日: 2019/9/19

依存関係: ssh_get_info.nasl, linux_alt_patch_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-3.8-generic, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

パッチ公開日: 2013/9/6

脆弱性公開日: 2013/7/4

参照情報

CVE: CVE-2013-1060, CVE-2013-2140, CVE-2013-2232, CVE-2013-2234, CVE-2013-4162, CVE-2013-4163

USN: 1943-1