Oracle Linux 5/6:Unbreakable Enterprise Kernel(ELSA-2013-2546)

high Nessus プラグイン ID 69942

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 5 / 6ホストに、ELSA-2013-2546のアドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-3.10までのLinuxカーネルにおける drivers/cdrom/cdrom.c 内のmmc_ioctl_cdrom_read_data関数により、動作不良のCD-ROMドライブで読み取り操作を行うことで、ローカルユーザーがカーネルメモリから機密情報を取得する可能性があります。(CVE-2013-2164)

-3.10以前のLinuxカーネルにおいて、net/key/af_key.cの(1) key_notify_sa_flushおよび(2) key_notify_policy_flush関数は、特定の構造要素を初期化しません。これにより、IPSec key_socketのnotifyインターフェイスからブロードキャストメッセージを読み取ることで、ローカルユーザーがカーネルヒープメモリから機密情報を取得する可能性があります。(CVE-2013-2234)

-3.6より前のLinuxカーネルにおける、fs/isofs/export.c 内のisofs_export_encode_fh関数は、特定の構成要素を初期化しません。このため、ローカルユーザーが細工されたアプリケーションを介してカーネルヒープメモリから機密情報を取得する可能性があります。(CVE-2012-6549)

-3.4.33より前のLinuxカーネル3.xのkernel/printk.cのlog_prefix関数が syslog ヘッダーからプレフィックスの文字列を適切に削除しませんでした。これにより、/dev/kmsg 書き込みアクセスを利用し、call_console_drivers関数呼び出しを発生させることで、ローカルのユーザーが、サービス拒否(バッファオーバーフローとシステムクラッシュ)を引き起こす可能性がありました。(CVE-2013-1772)

-3.10.5より前のLinuxカーネルのXen blkback実装におけるdrivers/block/xen-blkback/blkback.cのdispatch_discard_io関数により、ゲストOSのユーザーは、(1)BLKIF_OP_DISCARD(discardまたはTRIMとも呼ばれる)または(2)SCSI UNMAP機能をサポートする読み取り専用ディスクでのファイルシステムの書き込み操作を介して、サービス拒否(データの損失)を引き起こすことが可能です。(CVE-2013-2140)

-3.9-rc8 までのLinuxカーネルのcrypto API が特定の長さの変数を初期化しません。これにより、ローカルのユーザーは、crypto/algif_hash.cのhash_recvmsg関数とcrypto/algif_skcipher.cのskcipher_recvmsg関数に関連して、細工されたrecvmsgまたはrecvfromのシステムコールでカーネルスタックメモリから機密情報を取得することが可能です。(CVE-2013-3076)

- 3.10.3までのLinuxカーネルのIPv6実装のnet/ipv6/ip6_output.cのip6_append_data_mtu関数が IPV6_MTU setsockopt オプションが指定されているかどうかに関する情報を適切に維持しないため、setsockoptシステムコールの中のUDP_CORK オプションを使用する細工されたアプリケーションを介して、ローカルのユーザーがサービス拒否(バグおよびシステムクラッシュ)を引き起こす可能性があります。(CVE-2013-4163)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

参考資料

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2013-2546.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 69942

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2013-2546.nasl

バージョン: 1.20

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/9/18

更新日: 2022/9/16

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent, Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.2

現状値: 6.3

ベクトル: CVSS2#AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2013-2094

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:5, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-doc, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek-firmware, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-uek, cpe:/o:oracle:linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/OracleLinux

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/9/16

脆弱性公開日: 2013/2/22

CISA の既知の悪用された脆弱性の期限日: 2022/10/6

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2012-3430, CVE-2012-6544, CVE-2012-6548, CVE-2012-6549, CVE-2013-0914, CVE-2013-1059, CVE-2013-1772, CVE-2013-1848, CVE-2013-1860, CVE-2013-1929, CVE-2013-1979, CVE-2013-2094, CVE-2013-2140, CVE-2013-2164, CVE-2013-2206, CVE-2013-2232, CVE-2013-2234, CVE-2013-2237, CVE-2013-2634, CVE-2013-2635, CVE-2013-2851, CVE-2013-2852, CVE-2013-3222, CVE-2013-3224, CVE-2013-3225, CVE-2013-4163