Ubuntu 10.04 LTS / 12.04 LTS / 12.10 / 13.04:libvirt 脆弱性(USN-1954-1)

medium Nessus プラグイン ID 69972

概要

リモート Ubuntu ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連パッチがありません。

説明

libvirt が、安全でない方法で pkcheck ツールを使用していることが判明しました。ローカルの攻撃者がこの欠陥を利用して、polkit 認証をバイパスする可能性があります。Ubuntu で、libvirt polkit 認証はデフォルトでは有効ではありません。(CVE-2013-4311)

libvirt が特定のメモリ統計リクエストを不適切に処理していることが判明しました。リモートの攻撃者がこの問題を利用して、libvirt をクラッシュし、サービス拒否を引き起こす可能性があります。この問題は Ubuntu 12.04 LTS、Ubuntu 12.10 および Ubuntu 13.04 にのみ影響を与えました。
(CVE-2013-4296)

libvirt が特定のビットマップを不適切に処理していることが判明しました。リモートの攻撃者がこの問題を利用して、libvirt をクラッシュし、サービス拒否を引き起こす可能性があります。この問題の影響を受けるのは、Ubuntu 13.04 のみです。(CVE-2013-5651)。

ソリューション

影響を受ける libvirt-bin や libvirt0 のパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1954-1/

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 69972

ファイル名: ubuntu_USN-1954-1.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/9/19

更新日: 2019/9/19

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libvirt-bin, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:libvirt0, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.04:-:lts, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:12.10, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:13.04

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/9/18

脆弱性公開日: 2013/9/30

参照情報

CVE: CVE-2013-4296, CVE-2013-4311, CVE-2013-5651

BID: 62508, 62509, 62510

USN: 1954-1