Junos Pulse Secure IVE / UAC OS の複数の SSL の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 69987
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 6.7

概要

リモート装置に、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

自己報告されたバージョンによると、リモートホストで実行している IVE / UAC OS のバージョンは、複数の脆弱性による影響を受ける可能性があります:

- リモートの攻撃者が、特別に細工された DER データを送信することで、OpenSSL ライブラリでバッファオーバーフローの脆弱性をトリガーできる可能性があります。これにより、メモリ破損が発生します。(CVE-2012-2131)

- OpenSSL ライブラリには弱点があり、サードパーティが暗号化されたトラフィックから平文を(完全または部分的に)復元することを可能にする可能性がある攻撃に対して脆弱です。(CVE-2013-0169)

- OpenSSL ライブラリの OCSP 署名認証の欠陥により、リモート OCSP サーバーが、無効な鍵でサービス拒否状態を引き起こすことが可能です。(CVE-2013-0166)

ソリューション

Juniper IVE/UAC OS バージョン 7.1r15/7.2r11/7.3r6/7.4r3/ 4.1r8.1/4.2r5.1/4.3r6/4.4r3 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://kb.juniper.net/InfoCenter/index?page=content&id=JSA10591

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 69987

ファイル名: junos_pulse_jsa10591.nasl

バージョン: 2.10

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2013/9/19

更新日: 2018/7/12

依存関係: ssh_get_info.nasl

構成: パラノイドモードが有効

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 6.7

CVSS v2.0

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: CVSS2#E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:2.3:o:juniper:ive_os:*:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:a:juniper:junos_pulse_access_control_service:*:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:a:juniper:junos_pulse_secure_access_service:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport, Host/Juniper/IVE OS/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/9/12

脆弱性公開日: 2012/4/24

参照情報

CVE: CVE-2013-0169, CVE-2013-0166, CVE-2012-2131

BID: 57778, 53212, 60268