ProFTPD TELNET IAC のエスケープシーケンスのリモートバッファオーバーフロー

critical Nessus プラグイン ID 70446

概要

リモート ProFTP デーモンは、バッファオーバーフローの脆弱性の影響を受けます。

説明

リモート ProFTP デーモンがオーバーフローの状態の影響を受けやすくなっています。。TELNET_IAC エスケープシーケンス処理が、ユーザー指定の入力を適切にサニタイズできず、スタックオーバーフローがが引き起こされます。特別に細工されたリクエストで、認証されていないリモートの攻撃者が任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

バージョン 1.3.3c 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-10-229/

http://bugs.proftpd.org/show_bug.cgi?id=3521

http://www.nessus.org/u?ca7bee7d

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 70446

ファイル名: proftpd_rce.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: remote

ファミリー: FTP

公開日: 2013/10/15

更新日: 2018/8/31

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Critical

Base Score: 9.8

Temporal Score: 9.1

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:proftpd:proftpd

必要な KB アイテム: ftp/proftpd

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/10/29

脆弱性公開日: 2010/11/2

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (ProFTPD 1.3.2rc3 - 1.3.3b Telnet IAC Buffer Overflow (Linux))

参照情報

CVE: CVE-2010-4221

BID: 44562

EDB-ID: 15449