Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x の rubygems(noarch)

medium Nessus プラグイン ID 70491

概要

リモート Scientific Linux ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

RubyGems が SSL 接続を検証できないことがわかりました。これにより、中間者攻撃が引き起こされる可能性があります。(CVE-2012-2126)

RubyGems を使用するときに、接続が HTTPS から HTTP にリダイレクトされる可能性があることが判明しました。これにより、HTTPS を介して gem をインストールしているとユーザーが信じていても、接続が密かに HTTP にダウングレードされる可能性があります。(CVE-2012-2125)

rubygems API が安全でない正規表現を使用してバージョン文字列を検証することが発見されました。信頼されないソースからのバージョン文字列を処理するために、この API を使用するアプリケーションは、CPU 消耗による DoS 攻撃(サービス拒否攻撃)に脆弱である可能性があります。
(CVE-2013-4287)

ソリューション

影響を受ける rubygems パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?2a853c7a

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 70491

ファイル名: sl_20131017_rubygems_on_SL6_x.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/10/18

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:rubygems, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2013/10/17

脆弱性公開日: 2013/10/1

参照情報

CVE: CVE-2012-2125, CVE-2012-2126, CVE-2013-4287