Google Chrome < 31.0.1650.48 の複数の脆弱性(Mac OS X)

critical Nessus プラグイン ID 70917
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートの Mac OS X ホストに、複数の脆弱性により影響を受ける Web ブラウザがあります。

説明

リモート Mac OS X ホストにインストールされている Google Chrome のバージョンは、31.0.1650.48 より前です。したがって、以下の複数の脆弱性による影響を受けます:

- 多様な特定されないエラーが存在します。(CVE-2013-2931)

- 音声入力要素、メディア要素、「ID」属性文字列、DOM 範囲、および libjingle に関連するuse-after-free エラーが存在しています。(CVE-2013-6621、CVE-2013-6622、CVE-2013-6624、 CVE-2013-6625、CVE-2013-6631)

- SVG および HTTP の解析に領域外読み取りエラーが存在します。(CVE-2013-6623、 CVE-2013-6627)

- インタースティシャル警告に関連するアドレスバー URI スプーフィングの脆弱性が存在します。(CVE-2013-6626)

- TLS 再ネゴシエーション中に証明書の検証セキュリティ機能バイパスの問題が存在します。(CVE-2013-6628)

- SOS データがない状態でイメージをデコードする際にメモリが初期化されていない場合、メモリ破損エラーが libjpeg および libjpeg-turb ライブラリに存在します。
(CVE-2013-6629)

- ハフマンテーブルを処理するときの libjpeg-turbo ライブラリでは、メモリ破損エラーが「jdmarker.c」ソースファイルに存在します。(CVE-2013-6630)

ソリューション

Google Chrome 31.0.1650.48 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?b0a7b53d

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 70917

ファイル名: macosx_google_chrome_31_0_1650_48.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2013/11/14

更新日: 2019/11/27

依存関係: macosx_google_chrome_installed.nbin

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2013-2931

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:google:chrome

必要な KB アイテム: MacOSX/Google Chrome/Installed

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/11/12

脆弱性公開日: 2013/11/12

参照情報

CVE: CVE-2013-2931, CVE-2013-6621, CVE-2013-6622, CVE-2013-6623, CVE-2013-6624, CVE-2013-6625, CVE-2013-6626, CVE-2013-6627, CVE-2013-6628, CVE-2013-6629, CVE-2013-6630, CVE-2013-6631

BID: 63667, 63669, 63670, 63671, 63672, 63673, 63674, 63675, 63676, 63677, 63678, 63679