Google Chrome < 31.0.1650.63 複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 71227
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストに含まれるウェブブラウザは複数の脆弱性の影響を受けています。

説明

リモートホストにインストールされている Google Chrome のバージョンは、 31.0.1650.63 より前のバージョンです。したがって、次の脆弱性の影響を受けます:

- セッション固定、同期プロセスおよび HTTP 302 リダイレクトに関連するエラーが存在します。(CVE-2013-6634)

- 編集処理に関連する use-after-free エラーが存在しています。(CVE-2013-6635)

- モーダルダイアログに関してエラーが存在し、アドレスなりすましの可能性があります。(CVE-2013-6636)

- 明記されない影響のある、多様な明記されないエラーが存在します。(CVE-2013-6637)

- 領域外読み取りエラー、領域外書き込みエラー、およびバッファオーバーフローのエラーが、 JavaScript バージョン 8 エンジンに存在します。(CVE-2013-6638、 CVE-2013-6639、CVE-2013-6640)

ソリューション

Google Chrome 31.0.1650.63 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?cc90df4b

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 71227

ファイル名: google_chrome_31_0_1650_63.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2013/12/5

更新日: 2019/11/27

依存関係: google_chrome_installed.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2013-6640

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:google:chrome

必要な KB アイテム: SMB/Google_Chrome/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/12/4

脆弱性公開日: 2013/12/4

参照情報

CVE: CVE-2013-6634, CVE-2013-6635, CVE-2013-6636, CVE-2013-6637, CVE-2013-6638, CVE-2013-6639, CVE-2013-6640

BID: 64078, 65779