Scientific Linux セキュリティ更新:SL6.x i386/x86_64 の xorg-x11-server

low Nessus プラグイン ID 71302

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

X.org X11 サーバーで新しいホットプラグデバイスを登録する方法で、欠陥が見つかりました。ローカルユーザーが異なるセッションに切り替え、新しいデバイスにプラグインすると、そのデバイスからの入力が以前のセッションで使用できるようになり、情報漏洩の可能性があります。
(CVE-2013-1940)

この更新は以下のバグも修正します:

- 以前の Upstream パッチにより、Xephyr X サーバーがサイズ変更可能に変更されましたが、デフォルトではサイズ変更機能は有効ではありませんでした。その結果 X サンドボックスは、Scientific Linux 6.4 以降で、サイズ変更可能ではありませんでした。
この更新により、デフォルトでサイズ変更機能が有効になり、 X サンドボックスは期待どおりにサイズ変更できるようになりました。

- Scientific Linux 6 では、X Security 拡張(XC-SECURITY)が無効になり、X Access Control Extension(XACE)で置き換えられています。ただし、XACE には、以前に XC-SECURITY で使用可能な機能が、まだ含まれていません。この更新により、XC-SECURITY が Scientific Linux 6 の xorg-x11-server 仕様ファイルで有効になっています。

- 拡張初期化への上流コードの変更により、Xvfb の GLX 拡張(X 仮想フレームバッファ)が意図せずに無効化され、ヘッドレス 3D アプリケーションが機能しなくなりました。この問題に対する上流パッチがバックポートされ、GLX 拡張が再び有効になり、この拡張に依存するアプリケーションが期待どおりに機能します。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?f6d96acd

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 71302

ファイル名: sl_20131121_xorg_x11_server_on_SL6_x.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2013/12/10

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 2.1

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:xorg-x11-server-Xdmx, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:xorg-x11-server-Xephyr, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:xorg-x11-server-Xnest, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:xorg-x11-server-Xorg, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:xorg-x11-server-Xvfb, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:xorg-x11-server-common, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:xorg-x11-server-debuginfo, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:xorg-x11-server-devel, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:xorg-x11-server-source, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2013/11/21

脆弱性公開日: 2013/5/13

参照情報

CVE: CVE-2013-1940