Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ: samba (MDVSA-2013:299)

high Nessus プラグイン ID 71606

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

samba で複数の脆弱性が見つかり、修正されました:

- 4.1.2 までの Samba において、nsswitch/pam_winbind.c にある winbind_name_list_to_sid_string_list 関数が、任意のユーザーによる認証を受け入れることで、無効な require_membership_of グループ名を処理します。これにより、認証されたリモートユーザーが、管理者の pam_winbind 構成ファイルの間違いを利用し、これに便乗した状況で意図されたアクセス制限をバイパスする可能性があります(CVE-2012-6150)。

3.6.22 より前の 3.x、4.0.13 より前の 4.0.x、および 4.1.3 より前の 4.1.x の Samba において winbindd の librpc/rpc/dcerpc_util.c にある dcerpc_read_ncacn_packet_done 関数のバッファオーバーフローによって、リモート AD ドメインコントローラーが、DCE-RPC パケットの無効なフラグメントの長さにより任意のコードを実行する可能性があります(CVE-2013-4408)。

更新済みパッケージは 3.6.22 バージョンにアップグレードされており、これによって多様な上流のバグが解決され、この問題に脆弱ではありません。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://www.samba.org/samba/history/samba-3.6.21.html

https://www.samba.org/samba/history/samba-3.6.22.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 71606

ファイル名: mandriva_MDVSA-2013-299.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

公開日: 2013/12/23

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 8.3

Temporal Score: 7.2

ベクトル: AV:A/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64netapi-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64netapi0, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64smbclient0, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64smbclient0-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64smbclient0-static-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64smbsharemodes-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64smbsharemodes0, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64wbclient-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64wbclient0, p-cpe:/a:mandriva:linux:nss_wins, p-cpe:/a:mandriva:linux:samba-client, p-cpe:/a:mandriva:linux:samba-common, p-cpe:/a:mandriva:linux:samba-doc, p-cpe:/a:mandriva:linux:samba-domainjoin-gui, p-cpe:/a:mandriva:linux:samba-server, p-cpe:/a:mandriva:linux:samba-swat, p-cpe:/a:mandriva:linux:samba-virusfilter-clamav, p-cpe:/a:mandriva:linux:samba-virusfilter-fsecure, p-cpe:/a:mandriva:linux:samba-virusfilter-sophos, p-cpe:/a:mandriva:linux:samba-winbind, cpe:/o:mandriva:business_server:1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/12/22

参照情報

CVE: CVE-2012-6150, CVE-2013-4408

BID: 64191

MDVSA: 2013:299