Scientific Linux セキュリティ更新:SL5.x、SL6.x i386/x86_64 の thunderbird

critical Nessus プラグイン ID 72323

概要

リモート Scientific Linux ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

無効な形式のコンテンツの処理で、いくつかの欠陥が見つかりました。
悪意あるコンテンツが、Thunderbird をクラッシュさせたり、 Thunderbird を実行しているユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2014-1477、 CVE-2014-1482、CVE-2014-1486)

Thunderbird が Web ワーカーに関連するエラーメッセージを処理する方法に欠陥が見つかりました。攻撃者が、この欠陥を利用して、同一生成元ポリシーをバイパスする可能性があります。これにより、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃が引き起こされたり、サードパーティの Web サイトから認証トークンや他のデータが収集されたりする可能性があります。(CVE-2014-1487)

System Only Wrappers(SOW)の実装に欠陥が見つかりました。
攻撃者が、この欠陥を利用して、Thunderbird をクラッシュさせる可能性があります。他の脆弱性と組み合わせることにより、この欠陥がセキュリティへ及ぼす影響をさらに増大させることも可能です。(CVE-2014-1479)

Thunderbird JavaScript エンジンが、ウィンドウオブジェクトを不適切に処理していたことが見つかりました。リモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、特定のセキュリティチェックをバイパスし、任意のコードを実行する可能性があります。
(CVE-2014-1481)

注:メールメッセージに対して JavaScript がデフォルトで無効になっているため、上述した問題のすべては、特別に細工された HTML メールメッセージにより悪用されません。RSS フィードのリモートコンテンツ全体を表示するときなど、Thunderbird でこれらを別の方法で悪用することが可能です。

この更新を有効にするには、更新をインストールした後、Thunderbird を再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受ける thunderbird および/または thunderbird-debuginfo パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?44120b97

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 72323

ファイル名: sl_20140204_thunderbird_on_SL5_x.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/2/5

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:thunderbird, p-cpe:/a:fermilab:scientific_linux:thunderbird-debuginfo, x-cpe:/o:fermilab:scientific_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2014/2/4

脆弱性公開日: 2014/2/6

参照情報

CVE: CVE-2014-1477, CVE-2014-1479, CVE-2014-1481, CVE-2014-1482, CVE-2014-1486, CVE-2014-1487