Core FTP サーバー < 1.2 ビルド 508 lstrcpy オーバーフローコードの実行

high Nessus プラグイン ID 72661

概要

リモートホストで実行中の FTP サーバーは、コード実行の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている Core FTP のバージョンが、1.2 ビルド 508 より前です。したがって、config.dat ファイルおよび/または Windows レジストリからデータを読み取る際のユーザー指定の入力が不適切に認証されることにより、RegQueryValueExA() および lstrcpy() 関数内のバッファオーバーフロー状態に影響を受けます。ローカルの攻撃者はこれを悪用して、サービス拒否状態を引き起こしたり、任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

Core FTP バージョン 1.2 ビルド 508 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?12696fbd

https://seclists.org/fulldisclosure/2014/Feb/172

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 72661

ファイル名: coreftp_server_1_2_508.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: remote

ファミリー: FTP

公開日: 2014/2/24

更新日: 2019/11/27

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2014-1215

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.6

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:coreftp:coreftp

必要な KB アイテム: installed_sw/Core FTP Server

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/1/9

脆弱性公開日: 2014/1/18

参照情報

CVE: CVE-2014-1215

BID: 65692