Mac OS X 10.9.x < 10.9.2 の複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 72687
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストに、証明書検証の弱点を修正する Mac OS X の更新がありません。

説明

リモートホストが、バージョン 10.9.2 より前の Mac OS X 10.9.x を実行しています。この更新には、次のコンポーネントの、セキュリティに関連するいくつかの修正が含まれています:

- Apache
- ATS
- Certificate Trust Policy
- CoreAnimation
- CoreText
- curl
- Data Security
- Date and Time
- File Bookmark
- Finder
- ImageIO
- NVIDIA Drivers
- PHP
- QuickLook
- QuickTime

注意:最も深刻な問題の悪用が成功すると、任意のコード実行が発生する可能性があります。

ソリューション

Mac OS X 10.9.2 またはそれ以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://support.apple.com/kb/HT6150

http://lists.apple.com/archives/security-announce/2014/Feb/msg00000.html

http://www.securityfocus.com/archive/1/531263/30/0/threaded

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 72687

ファイル名: macosx_10_9_2.nasl

バージョン: 1.18

タイプ: combined

エージェント: macosx

公開日: 2014/2/25

更新日: 2018/7/14

依存関係: ssh_get_info.nasl, os_fingerprint.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:apple:mac_os_x

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/2/25

脆弱性公開日: 2012/5/23

参照情報

CVE: CVE-2013-1862, CVE-2013-1896, CVE-2013-4073, CVE-2013-4113, CVE-2013-4248, CVE-2013-5986, CVE-2013-5987, CVE-2013-6420, CVE-2013-6629, CVE-2014-1245, CVE-2014-1246, CVE-2014-1247, CVE-2014-1248, CVE-2014-1249, CVE-2014-1250, CVE-2014-1252, CVE-2014-1254, CVE-2014-1255, CVE-2014-1256, CVE-2014-1258, CVE-2014-1259, CVE-2014-1261, CVE-2014-1262, CVE-2014-1263, CVE-2014-1264, CVE-2014-1265, CVE-2014-1266

BID: 59826, 60843, 61128, 61129, 61776, 63676, 64225, 64525, 65113, 65208, 65738, 65777

APPLE-SA: APPLE-SA-2014-02-25-1

CWE: 20, 74, 79, 442, 629, 711, 712, 722, 725, 750, 751, 800, 801, 809, 811, 864, 900, 928, 931, 990