MS09-008: DNS サーバーのなりすまし可能な脆弱性(961063)(認証情報なしのチェック)

medium Nessus プラグイン ID 72835

概要

リモートホストで実行中の DNS サーバーは、 DNSなりすまし攻撃に脆弱です。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートホストで実行されているMicrosoft DNSサーバーに、以下の脆弱性があります。

- 動的更新が有効で、ISATAPとWPADがまだDNSに登録されていないインストールに、「wpad」ホスト名の登録の制限がないことによる問題が存在します。リモートの認証された攻撃者がこの問題を悪用して、中間者攻撃を仕掛ける可能性があります。(CVE-2009-0093)

- リモートの認証されていない攻撃者が、素早く、また高い信頼性で応答を偽装し、DNSサーバーのキャッシュにレコードを挿入することを可能にする問題が存在します。
(CVE-2009-0233)

DNS Resolver Cache Service に、DNS応答の不適切なキャッシングによる問題が存在します。これにより、リモートの認証されていない攻撃者が、多数の細工されたDNSクエリを送信することで、トランザクションIDを推測し、キャッシュをポイズニングする可能性があります。(CVE-2009-0234)

これらの問題により、リモートの攻撃者が、インターネット上のシステム向けのネットワークトラフィックを、攻撃者自身のシステムにリダイレクトする可能性があります。

ソリューション

Microsoft は、 Windows 2000、2003、2008 用パッチのセットをリリースしました。

関連情報

https://www.nessus.org/u?c6b3fa4a

http://www.nessus.org/u?8115046e

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 72835

ファイル名: ms_dns_kb961063.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: remote

ファミリー: DNS

公開日: 2014/3/5

更新日: 2020/8/5

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: ms_dns/version, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2009/3/10

脆弱性公開日: 2009/3/10

参照情報

CVE: CVE-2009-0093, CVE-2009-0233, CVE-2009-0234

BID: 33982, 33988, 33989

MSFT: MS09-008

IAVA: 2009-A-0018-S

MSKB: 961063

CWE: 20