Fedora 20 : subversion-1.8.8-1.fc20 (2014-3365)

medium Nessus プラグイン ID 73033

概要

リモート Fedora ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

この更新には、1 つのセキュリティ問題を修正する、最新安定版(stable)リリースの Subversion が含まれています(CVE-2014-0032):

Subversion の mod_dav_svn Apache HTTPD サーバーモジュールはサーバー root に対する OPTIONS リクエストを受信するとクラッシュし、 Subversion はサーバー root を処理するように構成され、SVNListParentPath はオンになります。

これは、DoS を引き起こすことがあります。野放しで悪用されているこの問題が既知のインスタンスはありませんが、これを悪用する方法に関する詳細情報が Subversion 開発のメーリングリストで公開されています。

詳細については、次を参照してください:

https://subversion.apache.org/security/CVE-2014-0032-advisory.txt

この更新には、クライアント側のバグ修正が多数含まれています:

- リポジトリのルートではない wcs の自動再配置を修正

- wc:SQLite 3.8 で使用する場合のパフォーマンスを改良

- copy:作業コピーを壊す、一部のシナリオを修正

- move:外部および親の作業コピーの間でのファイルの移動時のエラーを修正

- log:特定のシナリオでのパフォーマンスの回帰を解決

- merge:3 つのファイルの違いを検出する作業を軽減

- commit:ファイルの権限を不適切に変更しません

- commit:無効なプールの寿命によるアサーションを修正

- version:Linux のディストリビューションバージョンをカットオフしません

- 情報が失われないように、終了前に stdout をフラッシュ

- status:警告コードのセンチネル値の欠落を修正

- 更新/切り替え:SQLite のビルド方法によっては正しくない結果を返す可能性がある、一部の WC db クエリを改良

サーバー側のバグ修正:

- チェックアウトおよびエクスポート中のメモリ使用率を低減

- fsfs:適切な権限で rep-cache.db を作成

- mod_dav_svn:(CVE-2014-0032)での SVNListParentPath によるクラッシュを回避

- mod_dav_svn:SVNAllowBulkUpdates ディレクティブマージを修正

- mod_dav_svn:要求されたプロパティの変更をレポートに含めます

- svnserve:ヘルプテキストのデフォルトのキャッシュサイズを訂正

- svnadmin dump:「--deltas」でのダンプファイルのサイズを縮小

- 無限ループを引き起こしていた整数アンダーフローを解決

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを Fedora セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受ける subversion パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=1062042

http://www.nessus.org/u?b9d1bef2

https://subversion.apache.org/security/CVE-2014-0032-advisory.txt

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 73033

ファイル名: fedora_2014-3365.nasl

バージョン: 1.5

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/3/17

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:subversion, cpe:/o:fedoraproject:fedora:20

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2014/3/4

参照情報

CVE: CVE-2014-0032

FEDORA: 2014-3365