RHEL 5 : samba(RHSA-2014:0305)

medium Nessus プラグイン ID 73072

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

3 つのセキュリティの問題を修正する更新済みの samba パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 5 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新のセキュリティ上の影響は中程度であると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Samba は Server Message Block (SMB)プロトコルまたは Common Internet File System(CIFS)プロトコルのオープンソース実装であり、これを使用すると PC 互換機がファイル、プリンター、その他の情報を共有できるようになります。

Samba Web Administration Tool (SWAT)が Web ページのフレームの中で開かれないように保護されていないことが発見されました。リモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、 SWAT ユーザーまたはアクティブな SWAT セッションのあるユーザーに対して、クリックジャッキング攻撃を実行する可能性があります。
(CVE-2013-0213)

SWAT に実装されているクロスサイトリクエスト偽造(CSRF)に対する保護メカニズムで、欠陥が見つかっています。攻撃者が、被害者のパスワードを知っている場合、この欠陥を利用して、 CSRF の保護機能をバイパスし、被害者の SWAT ユーザーに対して CSRF 攻撃を実施する可能性があります。(CVE-2013-0214)

整数オーバーフロー欠陥が、Samba がクライアントから提供される Extended Attribute(EA)リストを処理する方法で、見つかりました。悪意あるクライアントが、特別に細工された EA リストを送信し、オーバーフローを発生させる可能性があります。これにより、過剰なメモリ量を使用して、サーバーをループさせ、リストを再処理させる可能性があります。(CVE-2013-4124)

注:この問題は、Samba サーバーのデフォルト構成には影響を与えません。

Red Hat は、CVE-2013-0213 と CVE-2013-0214 を報告してくれた Samba プロジェクトに感謝の意を表します。Upstream では、Jann Horn 氏を CVE-2013-0213 と CVE-2013-0214 の最初の報告者として認めます。

Samba の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。この更新をインストールすると、smb サービスが自動的に再起動されます。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2013-0213

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2013-0214

https://www.samba.org/samba/security/CVE-2013-4124

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2014:0305

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-0213

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-0214

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-4124

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 73072

ファイル名: redhat-RHSA-2014-0305.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/3/18

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.1

Temporal Score: 4

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:libsmbclient, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:libsmbclient-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba-client, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba-common, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:samba-swat, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/3/17

参照情報

CVE: CVE-2013-0213, CVE-2013-0214, CVE-2013-4124

BID: 57631, 61597

RHSA: 2014:0305