Oracle Linux 6:カーネル(ELSA-2014-0328)

high Nessus プラグイン ID 73196
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Oracle Linux ホストに、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

Red Hat セキュリティアドバイザリ 2014:0328 から:

複数のセキュリティ問題と複数のバグを修正した更新済みカーネルパッケージが Red Hat Enterprise Linux 6 で利用可能になりました。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

カーネルパッケージには Linux オペレーティングシステムのコアである Linux カーネルが含まれています。

* vhost_get_vq_desc() 関数によって報告されたエラー条件を、 Linux カーネルの vhost_net 実装の get_rx_bufs() 関数によって処理する方法で、欠陥が見つかりました。権限のあるゲストユーザーが、この欠陥を利用して、ホストをクラッシュする可能性があります。(CVE-2014-0055、重要度高)

* SCTP 接続の初期化中に Linux カーネルが認証された COOKIE_ECHO チャンクを処理する方法において、欠陥が検出されました。リモートの攻撃者は、この欠陥を利用して、特別に細工された SCTP ハンドシェイクを起動することによって、システムで NULL ポインターデリファレンスを発生させ、システムをクラッシュする可能性があります。(CVE-2014-0101、重要度高)

* Linux カーネルの CIFS 実装によって、特別に細工された iovec 構成を用いて、キャッシュされていない書き込み操作を処理する方法で欠陥が見つかりました。CIFS 共有へのアクセス権がある、権限のないローカルユーザーが、この欠陥を利用して、システムをクラッシュすることや、カーネルメモリを漏洩することがあり、そのシステムでの自身の権限を昇格する可能性があります。注: Red Hat Enterprise Linux 6 の CIFS マウントに対するデフォルトのキャッシュ設定により、この問題の悪用に成功することは、禁じられています。(CVE-2014-0069、重要度中)

* ヒープベースのバッファオーバーフロー欠陥が、USB CDC WCM のデバイス管理で使用される、Linux カーネルの cdc-wdm ドライバーで、見つかりました。システムへの物理的アクセス権がある攻撃者が、この欠陥を利用して、サービス拒否を引き起こすことや、自身の権限を昇格する可能性があります。(CVE-2013-1860、重要度低)

Red Hat は、CVE-2014-0101 を報告してくれた Nokia Siemens Networks、および CVE-2014-0069 を報告してくれた Al Viro 氏に、感謝の意を表します。

この更新は、いくつかのバグも修正します。これらの変更に関するドキュメントは、「参照」セクションでリンクされているテクニカルノートドキュメントから、間もなく入手できるようになります。

カーネルの全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2014-0328.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 73196

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2014-0328.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/3/26

更新日: 2021/9/8

依存関係: linux_alt_patch_detect.nasl, ssh_get_info.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2014-0069

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:6, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-firmware, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/3/25

脆弱性公開日: 2013/3/14

参照情報

CVE: CVE-2013-1860, CVE-2013-7266, CVE-2013-7270, CVE-2014-0055, CVE-2014-0069, CVE-2014-0101, CVE-2014-2038

BID: 58510, 65588, 65943

RHSA: 2014:0328