McAfee Email Gatewayの複数の脆弱性(SB10064)

high Nessus プラグイン ID 73225

概要

リモートホストは、複数の SQL インジェクションおよびコマンド実行の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストで実行中の McAfee Email Gateway(MEG)のバージョンは、次の複数の SQL インジェクションおよびコマンド実行の脆弱性の影響を受けます:

- 管理 Web インターフェイスに、複数の SQL インジェクションの脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者は、これらの脆弱性を悪用して、任意のSQLコマンドを実行する可能性があります。(CVE-2013-7092)

- 「TestFile」XML 要素へのユーザーの入力をサニタイズすることに失敗しているため、管理 Web インターフェイスに、コマンド実行の脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者が、この脆弱性を悪用し、任意のシェルコマンドを実行する可能性があります。
(CVE-2013-7103)

- 「Command」および「Script」XML 属性へのユーザーの入力をサニタイズすることに失敗しているため、管理 Web インターフェイスに、コマンド実行の脆弱性が存在します。認証されたリモートの攻撃者が、この脆弱性を悪用し、任意のシェルコマンドを実行する可能性があります。(CVE-2013-7104)

ソリューション

ベンダーアドバイザリで参照されている、関連するホットフィックスを適用してください。

関連情報

https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=SB10064

https://seclists.org/fulldisclosure/2013/Dec/18

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 73225

ファイル名: mcafee_email_gateway_SB10064.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2014/3/27

更新日: 2021/1/19

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9

Temporal Score: 6.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:S/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mcafee:email_gateway

必要な KB アイテム: Host/McAfeeSMG/name, Host/McAfeeSMG/version, Host/McAfeeSMG/patches

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/2/19

脆弱性公開日: 2013/12/3

参照情報

CVE: CVE-2013-7092, CVE-2013-7103, CVE-2013-7104

BID: 64150

MCAFEE-SB: SB10064