CentOS 5/6:xalan-j2(CESA-2014:0348)

high Nessus プラグイン ID 73309

概要

リモート CentOS ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

1 つのセキュリティ問題を修正する更新済み xalan-j2 パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 5 および 6 で使用できるようになりました。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度評価を示す Common Vulnerability Scoring System(CVSS)ベーススコアは「参照」セクションの CVE リンクで入手できます。

Xalan-Java は、XML ドキュメントを HTML テキストまたはその他の XML ドキュメントタイプに変換するための、XSLT プロセッサです。

Xalan-Java の安全な処理機能に、特定のプロパティおよび機能に対して、十分な制限が定義されていないことが、見つかりました。
Extensible Stylesheet Language Transformations (XSLT)コンテンツを、 Xalan-Java を使用しているアプリケーションで処理されるように準備できるリモートの攻撃者が、この欠陥を利用して、安全な処理機能の意図した制限をバイパスすることがありました。classpath で使用できるコンポーネントによって異なりますが、これにより、Xalan-Java を使用するアプリケーションを実行中のアプリケーションサーバーとの関係で、任意のリモートコードが実行されることがあります。(CVE-2014-0107)

xalan-j2 のの全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、この問題を修正することが推奨されます。

ソリューション

影響を受ける xalan-j2 パッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?b6cacc26

http://www.nessus.org/u?f709aded

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 73309

ファイル名: centos_RHSA-2014-0348.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/4/3

更新日: 2021/1/4

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-0107

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:xalan-j2, p-cpe:/a:centos:centos:xalan-j2-demo, p-cpe:/a:centos:centos:xalan-j2-javadoc, p-cpe:/a:centos:centos:xalan-j2-manual, p-cpe:/a:centos:centos:xalan-j2-xsltc, cpe:/o:centos:centos:5, cpe:/o:centos:centos:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/4/2

脆弱性公開日: 2014/4/15

参照情報

CVE: CVE-2014-0107

BID: 66397

RHSA: 2014:0348