Debian DSA-2894-1:openssh - セキュリティ更新

medium Nessus プラグイン ID 73350

概要

リモート Debian ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

2 つの脆弱性が、SSH プロトコルスイートの実装である、OpenSSH で発見されました。Common Vulnerabilities and Exposures プロジェクトは次の問題を特定しています:

- CVE-2014-2532 Jann Horn 氏は OpenSSH が AcceptEnv 行のワイルドカードを適切に処理していないことを発見しました。リモートの攻撃者がこの問題を利用して OpenSSH を騙し、ワイルドカード文字の前に文字を含む環境変数を受け入れさせる可能性があります。

- CVE-2014-2653 Matthew Vernon 氏が、ssh クライアントが受け入れない HostCertificate を SSH サーバーが提供する場合に、クライアントで SSHFP レコード用の DNS がチェックされないことを、報告しました。その結果、悪意のあるサーバーにより、証明書を示すことで、SSHFP のチェックを無効することが可能です。

注意:ホスト検証プロンプトが接続前にまだ表示されます。

ソリューション

openssh パッケージをアップグレードしてください。

旧安定版(oldstable)ディストリビューション(squeeze)では、これらの問題はバージョン 1:5.5p1-6+squeeze5 で修正されました。

安定版(stable)ディストリビューション(wheezy)では、これらの問題はバージョン 1:6.0p1-4+deb7u1 で修正されました。

関連情報

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=742513

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2014-2532

https://security-tracker.debian.org/tracker/CVE-2014-2653

https://packages.debian.org/source/squeeze/openssh

https://packages.debian.org/source/wheezy/openssh

https://www.debian.org/security/2014/dsa-2894

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 73350

ファイル名: debian_DSA-2894.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/4/7

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.9

Temporal Score: 4.3

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:L/UI:N/S:C/C:L/I:L/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:openssh, cpe:/o:debian:debian_linux:6.0, cpe:/o:debian:debian_linux:7.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/4/5

参照情報

CVE: CVE-2014-2532, CVE-2014-2653

BID: 66355, 66459

DSA: 2894