Splunk 6.x < 6.0.3 複数の OpenSSL の脆弱性(Heartbleed)

medium Nessus プラグイン ID 73575
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートの Web サーバーに、OpenSSL に関連する複数の脆弱性の影響を受けるアプリケーションがあります。

説明

バージョン番号によると、リモート Web サーバーでホストされている Splunk Web は、6.0.3 より前の 6.x です。このため、複数の OpenSSL に関連する複数の脆弱性の影響を受けます:

- Splunk により使用されている OpenSSL のバージョンにおいて、「ssl/s3_both.c」での「ssl3_take_mac」に欠陥が存在します。これにより、リモートの攻撃者は、特別に細工されたリクエストにより、サービス拒否を引き起こすことができます。(CVE-2013-4353)

- TLS/DTLS の実装に、領域外の読み取りエラー(別名「ハートブリードバグ」)が存在します。これは、TLS ハートビート拡張パケットを不適切に処理しているためです。リモートの攻撃者は、細工したパケットを利用して、バッファオーバーリードを誘発することで、主キーや二次キーの素材などの保護されたコンテンツのような機密情報を含む、最大 64KB のプロセスメモリを漏洩する可能性があります。(CVE-2014-0160)

Nessus はこれらの問題に対してテストされていませんが、その代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号のみに依存していることに、注意してください。

ソリューション

Splunk 6.0.3 または以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.splunk.com/view/SP-CAAAMB3

http://docs.splunk.com/Documentation/Splunk/6.0.3/ReleaseNotes/6.0.3

http://www.heartbleed.com

http://eprint.iacr.org/2014/140

http://www.openssl.org/news/vulnerabilities.html#2014-0160

https://www.openssl.org/news/secadv/20140407.txt

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 73575

ファイル名: splunk_603.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: remote

ファミリー: Web Servers

公開日: 2014/4/16

更新日: 2019/11/26

依存関係: splunkd_detect.nasl, splunk_web_detect.nasl

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2014-0160

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 4.1

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:splunk:splunk

必要な KB アイテム: installed_sw/Splunk

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/4/10

脆弱性公開日: 2014/2/24

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2013-4353, CVE-2014-0160

BID: 64691, 66690

CERT: 720951

EDB-ID: 32745, 32764, 32791, 32998