Advantech WebAccess 複数の BWOCXRUN.OCX ActiveX の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 73641

概要

リモートホストは、複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストにインストールされている ActiveX コントロール(BWOCXRUN.OCX)は、複数の脆弱性による影響を受けます:

- 複数のすべてのメソッドにより、リモートの攻撃者は、任意のファイルを読み取ることができます。(CVE-2014-0771、CVE-2014-0772)

- CreateProcess メソッドにより、特定の実行可能ファイルの名前を任意のパス名から実行させることができます。(CVE-2014-0773)

ソリューション

Advantech WebAccess バージョン 7.2 またはそれ以降にアップグレードしてください。

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 73641

ファイル名: scada_advantech_bwocxrun1.nbin

バージョン: 1.217

タイプ: local

ファミリー: SCADA

公開日: 2014/4/14

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: High

基本値: 7.5

現状値: 5.5

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

CVSS スコアのソース: CVE-2014-0773

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:advantech:webaccess, cpe:/a:broadwin:webaccess

必要な KB アイテム: SMB/Registry/Enumerated

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/3/3

脆弱性公開日: 2014/4/8

参照情報

CVE: CVE-2014-0771, CVE-2014-0772, CVE-2014-0773

BID: 66742, 66749, 66750

ICSA: 14-079-03