Firefox < 29.0複数の脆弱性

critical Nessus プラグイン ID 73769

概要

リモート Windows ホストに、複数の脆弱性の影響を受ける可能性がある Web ブラウザが、含まれています。

説明

インストールされているバージョンの Firefox は 29.0 より前のバージョンであるため、以下の脆弱性の影響を受ける可能性があります。

- ワイルドカード証明書の IDNA ドメインプレフィックスを適切に処理していないため、ネットワークセキュリティサービス(NSS)ライブラリに問題が存在します。この問題により、中間者攻撃が引き起こされる可能性があります。(CVE-2014-1492)

- Memory issues exist that could lead to arbitrary code execution. (CVE-2014-1518, CVE-2014-1519)

- An issue exists related to the 'Mozilla Maintenance Service' that could lead to privilege escalation due to the creation of a writeable temporary directory during the update process. (CVE-2014-1520)

- Web Audio 機能に境界外の読み取りの問題が存在するため、情報漏洩を引き起こす可能性があります。
(CVE-2014-1522)

- An out-of-bounds read issue exists when decoding certain JPG images that could lead to a denial of service. (CVE-2014-1523)

- A memory corruption issue exists due to improper validation of XBL objects that could lead to arbitrary code execution. (CVE-2014-1524)

- A use-after-free memory issue exists in the Text Track Manager during HTML video processing that could lead to arbitrary code execution. (CVE-2014-1525)

- デバッガーが XrayWrappers をバイパスすることに関連するエラーが存在するため、権限昇格が引き起こされる可能性があります。
(CVE-2014-1526)

- Cairo グラフィックライブラリに領域外書き込みの問題があり、これによって任意のコードが実行される可能性があります。 Note that this issue only affects Firefox 28 and SeaMonkey 2.25. (CVE-2014-1528)

- Web Notification API にセキュリティバイパスの問題が存在するため、任意のコードの実行が引き起こされる可能性があります。
(CVE-2014-1529)

- クロスサイトスクリプティングの問題が存在するため、攻撃者は、アドレスバーに表示されている Web サイトの URL とは別の Web サイトをロードできる場合があります。
(CVE-2014-1530)

- サイズ変更時に「imgLoader」オブジェクトが解放されるため、use-after-free の問題が存在します。This issue could lead to arbitrary code execution. (CVE-2014-1531)

- ホストの解決中に use-after-free の問題が存在するため、任意のコードの実行が引き起こされる可能性があります。
(CVE-2014-1532)

ソリューション

Firefox 29.0以降にアップグレードしてください。

参考資料

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-34/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-35/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-36/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-37/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-38/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-39/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-41/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-42/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-43/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-44/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-45/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-46/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2014-47/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 73769

ファイル名: mozilla_firefox_29.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2014/4/29

更新日: 2019/11/26

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-1532

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:firefox

必要な KB アイテム: Mozilla/Firefox/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/4/29

脆弱性公開日: 2014/3/28

参照情報

CVE: CVE-2014-1492, CVE-2014-1518, CVE-2014-1519, CVE-2014-1520, CVE-2014-1522, CVE-2014-1523, CVE-2014-1524, CVE-2014-1525, CVE-2014-1526, CVE-2014-1528, CVE-2014-1529, CVE-2014-1530, CVE-2014-1531, CVE-2014-1532

BID: 66356, 67123, 67125, 67126, 67127, 67129, 67130, 67131, 67132, 67133, 67134, 67135, 67136, 67137

CWE: 20, 74, 79, 442, 629, 711, 712, 722, 725, 750, 751, 800, 801, 809, 811, 864, 900, 928, 931, 990