McAfee Email Gateway OpenSSL の情報漏洩(Heartbleed)

high Nessus プラグイン ID 73832

概要

リモートホストは、情報漏洩の脆弱性の影響を受けます。

説明

リモートホストは、OpenSSL ライブラリの欠陥による、情報漏洩の影響を受けるバージョンの McAfee Email Gateway(MEG)を実行しています。これは、一般的にハートブリードのバグとして知られています。攻撃者がこの脆弱性を繰り返し悪用して、デバイスからメモリを最大 64 ㎅まで読み取ることがあります。

ソリューション

ベンダーアドバイザリで参照されている、関連するホットフィックスを適用してください。

関連情報

https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=SB10071

http://www.heartbleed.com

https://eprint.iacr.org/2014/140

https://www.openssl.org/news/vulnerabilities.html#2014-0160

https://www.openssl.org/news/secadv/20140407.txt

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 73832

ファイル名: mcafee_email_gateway_SB10071.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

ファミリー: Misc.

公開日: 2014/5/2

更新日: 2022/5/5

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-0160

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 7.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

現状ベクトル: E:H/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mcafee:email_gateway

必要な KB アイテム: Host/McAfeeSMG/name, Host/McAfeeSMG/version, Host/McAfeeSMG/patches

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/4/11

脆弱性公開日: 2014/2/24

CISAの既知の悪用日: 2022/5/25

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2014-0160

BID: 66690

CERT: 720951

EDB-ID: 32745, 32764, 32791, 32998

MCAFEE-SB: SB10071