VMware Fusion 6.x < 6.0.3 Windows 8.1 ゲスト権限昇格(VMSA-2014-0005)

medium Nessus プラグイン ID 74263

概要

リモートホストに、権限昇格の脆弱性の影響を受ける仮想化アプリケーションがあります。

説明

リモート Mac OS X ホストにインストールされている VMware Fusion のバージョンは、6.0.3 より前の 6.x です。そのため、報告によると、権限昇格の脆弱性の影響を受けます。

Windows 8.1 ゲストホストの Vmware ツールに、カーネル NULL デリファレンスの欠陥が存在します。攻撃者は、ゲストホストで権限を昇格する可能性があります。

脆弱性の悪用が成功しても、ゲストホストからホストシステムへの権限昇格はできないことに注意してください。

ソリューション

VMware Fusion 6.0.3 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?bd08e50e

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 74263

ファイル名: macosx_fusion_vmsa_2014_0005.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2014/6/2

更新日: 2019/11/26

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.5

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:A/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2014-3793

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:vmware:fusion

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, MacOSX/Fusion/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/4/17

脆弱性公開日: 2014/5/29

参照情報

CVE: CVE-2014-3793

BID: 67737

VMSA: 2014-0005