RHEL 6:qemu-kvm(RHSA-2014:0743)

high Nessus プラグイン ID 74461

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティの課題と 2 つのバグを修正する、更新済みの qemu-kvm パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 6 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新のセキュリティ上の影響は中程度であると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

KVM(カーネルベース仮想マシン)は、AMD64 および Intel 64 システムの、Linux 向けの完全な仮想化ソリューションです。qemu-kvm パッケージは、 KVM を使用している仮想マシンを実行する場合に、ユーザー空間コンポーネントを実現します。

vitio-net、vitio-scsi および QEMU の USB ドライバーが移行後に状態の読み込みを処理する方法で、複数のバッファオーバーフロー、入力検証、および領域外書き込みの欠陥が見つかりました。(移行中にディスクまたは有線で) savevm データを変更できるユーザーが、いずれかの欠陥を利用して、(宛先の)ホスト上にある QEMU プロセスメモリを破損させる可能性があります。これにより、QEMU プロセスの権限を持つホストで任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2013-4148、CVE-2013-4151、CVE-2013-4535、CVE-2013-4536、CVE-2013-4541、CVE-2013-4542、CVE-2013-6399、CVE-2014-0182、CVE-2014-3461)

QEMU の IDE デバイスドライバーが SMART EXECUTE OFFLINE コマンドの実行を処理していた方法で、領域外メモリアクセスの欠陥が見つかりました。
権限のあるゲストユーザーが、この欠陥を利用して、ホストの QEMU プロセスメモリを破損することがあり、これによって、QEMU プロセスの権限でホストの任意のコードが実行される可能性があります。
(CVE-2014-2894)

Red Hat の Michael S. Tsirkin 氏、Anthony Liguori 氏および Michael Roth 氏により、CVE-2013-4148、CVE-2013-4151、CVE-2013-4535、CVE-2013-4536、CVE-2013-4541、CVE-2013-4542、CVE-2013-6399、CVE-2014-0182 および CVE-2014-3461 の問題が発見されました。

この更新は以下のバグも修正します:

* 以前は、libvirt は状況によっては、ゼロではない PCI ドメインおよび SR-IOV 仮想関数(VF)を使用し、次のエラーメッセージを返すゲストの起動に失敗していました。

この KVM モジュールでサポートされていないため、ゼロでない PCI セグメント内にデバイスを割り当てられません。

この更新がこの問題を修正したため、前述の構成を使用しているゲストは起動に失敗しなくなりました。(BZ#1099941)

* vCPU の有効な状態を保持する cpus_sts ビットマップの初期化が適切でないため、libvirt が、通常と異なる vCPU トポロジーのゲスト(3 つのコアと 2 つのソケットのあるゲストなど)を起動できない可能性があります。この更新が cpus_sts の初期化を修正したため、 libvirt が前述のゲスト起動で失敗しなくなりました。(BZ#1100575)

qemu-kvm のすべてのユーザーには、更新されたこれらのパッケージにアップグレードすることが推奨されます。これらのパッケージには、これらの問題を修正するバックポートされたパッチが収納されています。この更新をインストールした後、実行中の仮想マシンをすべてシャットダウンします。すべての仮想マシンをシャットダウンしたら、この更新を有効にするために、再起動します。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2014:0743

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-4541

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-4542

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-0182

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-4535

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-4536

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-4151

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-4148

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-6399

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-3461

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-2894

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 74461

ファイル名: redhat-RHSA-2014-0743.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/6/11

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.4

ベクトル: CVSS:3.0/AV:L/AC:L/PR:L/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:X/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:qemu-guest-agent, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:qemu-img, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:qemu-kvm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:qemu-kvm-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:qemu-kvm-tools, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/6/10

脆弱性公開日: 2014/4/23

参照情報

CVE: CVE-2013-4148, CVE-2013-4151, CVE-2013-4535, CVE-2013-4536, CVE-2013-4541, CVE-2013-4542, CVE-2013-6399, CVE-2014-0182, CVE-2014-2894, CVE-2014-3461

BID: 66932, 66976, 67392, 67394, 67483

RHSA: 2014:0743