openSUSE セキュリティ更新:java-1_6_0-openjdk(openSUSE-SU-2012:1424-1)

critical Nessus プラグイン ID 74800
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

java 1.6.0 openjdk/icedtea が 1.11.5 に更新されました(bnc#785433)

- セキュリティ修正

- S6631398、CVE-2012-3216:FilePermission がパスチェックをを改善しました

- S7093490:rmiregistry のパッケージアクセスを調整します

- S7143535、CVE-2012-5068:ScriptEngine が権限を修正しました

- S7167656、CVE-2012-5077:複数の Seeder を作成中です

- S7169884、CVE-2012-5073:LogManager チェックがサブタイプに対して適切に動作しません

- S7169888、CVE-2012-5075:JMX RMI コネクタでリソース定義を狭める

- S7172522、CVE-2012-5072:DomainCombiner のチェックを改善します

- S7186286、CVE-2012-5081:RFC にもっと遵守するための TLS 実装

- S7189103、CVE-2012-5069:状態を保持するために必要な Executor

- S7189490:DomainCombiner のチェックをさらに改善します

- S7189567、CVE-2012-5085:java.net の旧式のプロトコル

- S7192975、CVE-2012-5071:条件付きの使用率のチェックが間違っています

- S7195194、CVE-2012-5084:Swing のデータ検証の改善

- S7195917、CVE-2012-5086:終了時の XMLDecoder の解析を改善する必要があります

- S7195919、CVE-2012-5079:(sl) ServiceLoader はインスタンス作成の必要なしに、CCE をスローすることができます

- S7198296、CVE-2012-5089:リファクタークラスローダー使用率

- S7158800:シンボルテーブルの保存を改善します

- S7158801:VM CompileOnly オプションを改善します

- S7158804:構成ファイルの解析を改善します

- S7176337:7158801 修正に必要な追加の変更

- S7198606、CVE-2012-4416:VM 最適化を改善します

- バックポート

- S7175845:「jar uf」による予期しないファイル権限変更

- S7177216:native2ascii による入力ファイルのファイル権限変更

- S7199153:TEST_BUG:try-with-resources 構文が 6-open repo へプッシュされる

- バグ修正

- PR1194:IcedTea はデフォルトで、/usr/lib/jvm/java-openjdk(現在 1.7 VM)での構築を試行

ソリューション

影響を受ける java-1_6_0-openjdk パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=785433

https://lists.opensuse.org/opensuse-updates/2012-10/msg00100.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 74800

ファイル名: openSUSE-2012-755.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/6/13

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk-demo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk-demo-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk-javadoc, p-cpe:/a:novell:opensuse:java-1_6_0-openjdk-src, cpe:/o:novell:opensuse:11.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2012/10/25

脆弱性公開日: 2012/10/16

参照情報

CVE: CVE-2012-3216, CVE-2012-4416, CVE-2012-5068, CVE-2012-5069, CVE-2012-5071, CVE-2012-5072, CVE-2012-5073, CVE-2012-5075, CVE-2012-5077, CVE-2012-5079, CVE-2012-5081, CVE-2012-5084, CVE-2012-5085, CVE-2012-5086, CVE-2012-5089