openSUSE のセキュリティ更新:カーネル(openSUSE-SU-2013:1971-1)

high Nessus プラグイン ID 74878
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 6.7

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Linux カーネルが、さまざまなセキュリティの問題やバグを修正するために更新されました。

- sctp:重複クッキー処理で正しい sideffect コマンドを使用します(bnc#826102、CVE-2013-2206)。

- ドライバー:hv:util:バージョンネゴシエーションコードのバグを修正します(bnc#838346)。

- vmxnet3:初期化されていない dev のリングサイズ変更を行う際に、ゼロ除算のパニックを防止してください(bnc#833321)。

- md/raid1、5、10:復元戦略が実装されるまで、WRITE SAME を無効にします(bnc#813889)。

- netback:オーバーサイズパケットを確認する場合に、フロントエンドを切断しないでください(bnc#823342)。

- netfront:最大の TCP ヘッダーを占めるために gso_max_size を減少。

- netfront:「最大の TCP ヘッダーを占めるために gso_max_size を減少」した後に kABI を修正。

- バックエンド:リングに正常でない量のリクエストがあるかチェックします。

- 他の Xen パッチをリフレッシュします(bnc#804198、bnc#814211、bnc#826374)。

- TLB ギャザー仮想アドレス範囲無効化コーナーケースを修正します(TLB ギャザーメモリ破損)。

- mm:__tlb_remove_page() をスロットの範囲外で実行する場合にフラッシュされる TLB 範囲を修正します(TLB ギャザーメモリ破損)。

- bnx2x:多様な統計フローを保護してください(bnc#814336)。

- ドライバー:hv:util:util サービスのためのバージョンネゴシエーションコードのバグを修正します(bnc#828714)。

- kabi/severities:drivers/hv での変更を無視します

- e1000e:回避策の DMA ユニットが I218 でハングアップします(bnc#834647)。

- e1000e:ケーブルが引っ張られたときの予期しない「Reset adapter(アダプターのリセット)」メッセージ(bnc#834647)。

- e1000e:82577:リンクドロップ問題に対する回避策(bnc#834647)。

- e1000e:EMI レジスタにアクセスするためのヘルパー関数(bnc#834647)。

- atl1c:rx リングの埋め込みでの netdev_alloc_skb の誤用を修正します(bnc#812116)。

- reiserfs:reiserfs_setattr 失敗パスの二重ロック解除を修正しました。

- reiserfs:ロック。クォータ操作でロックをリリースしてください(bnc#815320)。

- reiserfs:ロック。ネスト化されたロックを適切に処理してください(bnc#815320)。

- reiserfs:ロック。xattr コード外に書き込みロックをプッシュします(bnc#815320)。

- af_key:通知メッセージで情報漏洩を修正してください(bnc#827749 CVE-2013-2234)。

- af_key:key_notify_policy_flush() で satype を初期化してください(bnc#828119 CVE-2013-2237)。

- kernel/signal.c:tkill および tgkill の syscall による情報漏洩を阻止します(bnc#823267 CVE-2013-2141)。

- b43:書式文字列のエラーメッセージへの漏洩を阻止します(bnc#822579 CVE-2013-2852)。

- net:間違った認証情報の受け渡しを修正します(bnc#816708 CVE-2013-1979)。

- tipc:recv_msg/recv_stream での msg_name による情報漏洩を修正します(bnc#816668 CVE-2013-3235)。

- rose:rose_recvmsg() での msg_name による情報漏洩を修正します(bnc#816668 CVE-2013-3234)。

- NFC:llcp:llcp_sock_recvmsg() での msg_name による情報漏洩を修正します(bnc#816668 CVE-2013-3233)。

- netrom:nr_recvmsg() での msg_name による情報漏洩を修正します(bnc#816668 CVE-2013-3232)。

- llc:llc_ui_recvmsg() での msg_namelen 更新の欠如を修正します(bnc#816668 CVE-2013-3231)。

- l2tp:l2tp_ip6_recvmsg() での情報漏洩を修正します(bnc#816668 CVE-2013-3230)。

- iucv:iucv_sock_recvmsg() での msg_namelen 更新の欠如を修正します(bnc#816668 CVE-2013-3229)。

- irda:irda_recvmsg_dgram() での msg_namelen 更新の欠如を修正します(bnc#816668 CVE-2013-3228)。

- caif:caif_seqpkt_recvmsg() での msg_namelen 更新の欠如を修正します(bnc#816668 CVE-2013-3227)。

- Bluetooth:RFCOMM - rfcomm_sock_recvmsg() での msg_namelen 更新の欠如を修正します(bnc#816668 CVE-2013-3226)。

- Bluetooth:bt_sock_recvmsg() での潜在的な情報漏洩を修正します(bnc#816668 CVE-2013-3224)。

- ax25:ax25_recvmsg() での msg_name による情報漏洩を修正します(bnc#816668 CVE-2013-3223)。

- atm:vcc_recvmsg() の msg_namelen を更新します(bnc#816668 CVE-2013-3222)。

- ipv6:ソケットを抜くときに udp_push_pending_frames を呼び出してください(bnc#831058, CVE-2013-4162)。

- tracing:潜在的な NULL ポインターデリファレンスを修正します(bnc#815256 CVE-2013-3301)。

- tg3:VPD ファームウェア解析の長さオーバーフローを修正します(bnc#813733 CVE-2013-1929)。

- dcbnl:様々な netlink 情報漏洩を修正します(bnc#810473 CVE-2013-2634)。

- rtnl:VF デバイスに対する RTM_GETLINK リクエストでの情報漏洩を修正します(bnc#810473 CVE-2013-2635)。

- crypto:ユーザー - レポート API の情報漏洩を修正します(bnc#809906 CVE-2013-2546 CVE-2013-2547 CVE-2013-2548)。

- kernel/signal.c:SA_RESTORER の代わりに __ARCH_HAS_SA_RESTORER を使用します(bnc#808827 CVE-2013-0914)。

- シグナル:sa_restorer on execve を常にクリアします(bnc#808827 CVE-2013-0914)。

- シグナル:sa_restorer をクリアするべきかどうかを識別できるように、__ARCH_HAS_SA_RESTORER を定義します(bnc#808827 CVE-2013-0914)。

- ipv6:ip6_sk_dst_check() は ipv6 dst を前提とすべきではありません(bnc#827750、CVE-2013-2232)。

- xfs:ファイルシステムの終端を越えるブロックで _xfs_buf_find の oops を修正してください(CVE-2013-1819 bnc#807471)。

- blk:ゼロを破棄する粒度で、ゼロ除算を回避します(bnc#832615)。

- dlm:ユーザーからの書き込みサイズをチェックします(bnc#831956)。

- drm/i915:ほぼ全てのレジスタアクセスをシリアル化します(bnc#823633)。

- drm/i915:gt_lock を他のスピンロックで早期に初期化します(bnc#801341)。

- drm/i915:gt init シーケンスのフォールアウトを修正します(bnc#801341)。

- drm/nouveau/hwmon:s/fan0/fan1/。

- ドライバー:hv:balloon:中断した場合、圧力状態をポストしません(bnc#829539)。

- drm/i915:BIOS から引き継ぐ場合、FORCEWAKE をクリアします(bnc#801341)。

- drm/i915:VT-d のスキャンアウト表面で調整制限を適用してください(bnc#818561)。

- fs/notify/inode_mark.c:fsnotify_find_inode_mark_locked() を静的にします(bnc#807188)。

- fsnotify:ロック順序を変更します(bnc#807188)。

- fsnotify:グループ別にマークをクリアする際、一時リストにマークを付けません(bnc#807188)。

- fsnotify:ロックされたバージョンの fsnotify_add_mark() および fsnotify_remove_mark() を導入します(bnc#807188)。

- fsnotify:グループを fsnotify_destroy_mark() に渡します(bnc#807188)。

- fsnotify:スピンロックの代わりに mutex を使用して、グループマークリストを保護します(bnc#807188)。

- fanotify:マークを破棄すべきかどうかを示す mark_remove_from_mask にさらにフラグを追加します(bnc#807188)。

- fsnotify:マークロック前に、groups mark_lock を選択します(bnc#807188)。

- fsnotify:グループの参照カウントを使用します(bnc#807188)。

- fsnotify:fsnotify_get_group() を導入します(bnc#807188)。

- inotify、fanotify:fsnotify_put_group() を fsnotify_destroy_group() で置換します(bnc#807188)。

- drm/i915:v2 を再開した後、電力消費で長く続く SNB 回帰を修正します(bnc#801341)。

- drm/nouveau:pgt 割り当てに vmalloc を使用します(bnc#802347)。

- USB:xhci:割り込みを適切に有効化します(bnc#828191)。

- drm/i915:選択的にセマフォーのリングキックを復活させます(bnc#823633,bnc#799516)。

- ALSA:usb-audio:Logitech HD Webcam c310 の無効なボリューム解像度を修正します(bnc#821735)。

- ALSA:usb-audio - Logitech HD webcam c270 の無効なボリューム解像度を修正します(bnc#821735)。

- config:btrfs 更新で追加された構成オプションを同期化します

- xfs:xfs:xfs_compat_attrlist_by_handle の大きなバッファの場合、vmalloc にフォールバックします(bnc#818053 bnc#807153)。

- xfs:xfs_attrlist_by_handle で大きなバッファの vmalloc にフォールバックしてください(bnc#818053 bnc#807153)。

- btrfs:v3.10 に更新します。

- block:bio_end_sector() を追加します。

- block:bio_sectors() をより一貫して使用します。

- btrfs:サブボリューム/スナップショット作成後の検索エラーを処理します。

- btrfs:新しい ioctl を追加して、圧縮したファイルのサイズを見つけ出します(FATE#306586)。

- btrfs:btrfs_path サイズを縮小します(FATE#306586)。

- btrfs:move_pages および copy_pages を簡素化します(FATE#306586)。

- btrfs でマウントメッセージにプレフィックスを付けます:明瞭さのため(FATE#306586)。

- Btrfs:free_log_tree が失敗した場合に readonly を強制します(FATE#306586)。

- Btrfs:orphan_del が失敗した場合に readonly を強制します(FATE#306586)。

- btrfs:見逃したエラーケースで、unlink trans を中止します。

- btrfs:scan_one_device で、pagecache を通じてスーパーブロックにアクセスします。

- Btrfs:クリーンアップ中に、オーファン inodes を適切に構成します。

- Btrfs:fs_info->max_inline のコメントを追加します。

- Btrfs:比較的小さいメタデータエクステント参照に対して、互換性がないフォーマット変更を追加します。

- Btrfs:新しい ioctl を追加して、マウントされたファイルシステムのラベルを取得します。

- Btrfs:raid56 書き込みに、プラギングコールバックを追加します。

- Btrfs:rb_tree を追加して、ulist 検索のパフォーマンスを向上します。

- Btrfs:raid56 にストライプキャッシュを追加します。

- Btrfs:トランザクション->中止アクセスに ACCESS_ONCE() を追加します。

- Btrfs:クォータ操作のためにユーザーが変更する前の、すべての ioctl チェックが追加されます。

- Btrfs:btrfs_scratch_superblock() 関数を追加します。

- btrfs:デフラグに取消しポイントを追加します。

- Btrfs:スクラブにコードを追加して、読み取りデータを他のディスクにコピーします。

- btrfs:extent_io 範囲のアライメントに対してデバッグチェックを追加します。

- Btrfs:fiemap のフラグチェックを追加します。

- Btrfs:ioctl を追加して qgroup 再スキャンの完了を待機します。

- btrfs:btrfs_print_leaf() に、欠落した改行を追加します。

- Btrfs:デバイス置換コードに対して新しいソースを追加します。

- btrfs:「no file data」フラグを btrfs send ioctl に追加します。

- Btrfs:ページキャッシュを切り捨てる前に、オーファンを追加します。

- Btrfs:path->really_keep_locks を追加します。

- btrfs:サニティテストメッセージにプレフィックスを追加します。

- Btrfs:rw 引数を merge_bio_hook() に追加します。

- Btrfs:空き領域キャッシュテストを追加します。

- Btrfs:btrfs_orphan_cleanup で、欠落した iput() を追加します。

- Btrfs:デバイス置換 ioctl のサポートを追加します。

- Btrfs:ツリーブロックレベルのサニティーチェックが追加されます。

- Btrfs:2 つの ind_device() メソッドを追加します。

- Btrfs:スペースがグローバル rsv に十分ではない場合、新しいチャンクが割り当てられます。

- Btrfs:ファイル内のファイルデータの複製が可能になります。

- Btrfs:完全に空のチャンクのみの選択を許可します。

- Btrfs:ストリームヘッダーおよび btrfs send の end-cmd の省略を許可します。

- Btrfs:ミラーを検索する際に、リペアコードにターゲットのディスクを含めることを許可します。

- Btrfs:管理タスクと並行して defrag を実行することを許可します。

- Btrfs:古い mkfs からのスーパーブロック不一致が可能になります。

- btrfs:意図的なスイッチケース fallthrough に注釈をつけます。

- btrfs:lockdep のクォータツリーに注釈をつけます。

- Btrfs:「quota enable」コマンド後の自動再スキャン。

- Btrfs:トランザクション待機リストでのデッドロックを回避します。

- Btrfs:fs_info->qgroup_ulist の二重解放を回避します。

- Btrfs:btrfs_handle_error での、デッドロックのリスクを回避します。

- Btrfs:一時停止/再開ロジックのバランスを戻します。

- Btrfs:merge_reloc_roots のエラー処理を構築します。

- Btrfs:btrfs のコアコードを変更して、デバイス置換操作をサポートします。

- Btrfs:ライブファイルシステムへの変更も、置換ディスクに書き込まれます。

- Btrfs:BTRFS_IOC_INO_PATHS に対して CAP_DAC_READ_SEARCH をチェックします。

- Btrfs:ACL をキャッシングしない場合、xattrs だけでなく、実際の ACL をチェックします。

- Btrfs:reloc roots の更新で、NULL ポインターをチェックします。

- Btrfs:アイテムをプッシュする前に、リーフの親が存在するかどうかをチェックします。

- Btrfs:データ領域がない場合、nocow が可能かどうかをチェックします。

- Btrfs:ログを回復するときのコミットの戻り値を確認します。

- Btrfs:btrfs_run_ordered_operations() の戻り値をチェックします。

- Btrfs:btrfs_start_delalloc_inodes() の戻り値をチェックします。

- btrfs:スナップショットを 1 つずつ消去します。

- btrfs:トランザクション中止メッセージをクリーンアップします。

- Btrfs:backref 検索コミットの root フラグ要素をクリーンアップします。

- Btrfs:クリーンアップ、btrfs_read_fs_root_no_name() が NULL を返しません。

- Btrfs:destroy_marked_extents をクリーンアップします。

- Btrfs:クリーンアップ:同じものを二度チェックしません。

- Btrfs:重複する除算関数をクリーンアップします。

- Btrfs:btrfs_btree_balance_dirty のクリーンアップ。

- Btrfs:btrfs_wait_order_range のクリーンアップ。

- btrfs:open-coded アライメントのクリーンアップ。

- Btrfs:マウントに失敗した場合に fs ルートをクリーンアップします。

- Btrfs:btrfs_extend_item() が呼び出された場合の、関数のクリーンアップ。

- Btrfs:fixup_low_keys() が呼び出された場合の、関数のクリーンアップ。

- Btrfs:切り捨てが失敗した場合に、オーファン予約をクリーンアップします。

- Btrfs:オーファン化したルートオーファンアイテムをクリーンアップします。

- Btrfs:btrfs_submit_direct() の冗長コードをクリーンアップします。

- Btrfs:scrub bio およびワーカー待機コードをクリーンアップします。

- Btrfs:遅延した inode の類似コードをクリーンアップします。

- btrfs:btrfs_log_inode() の一部の冗長コードをクリーンアップします。

- btrfs:btrfs_lookup_csums_range() の一部の冗長コードをクリーンアップします。

- Btrfs:copy_nocow_pages_for_inode() のコードをクリーンアップします。

- Btrfs:fs root 読み取りの類似コードをクリーンアップします。

- Btrfs:クリーンアップを行い、btrfs_delalloc_reserve_metadata 関数をよりロジカルにします。

- Btrfs:クリーンアップを行い、transaction.c の重複コードを削除します。

- Btrfs:残りの全てのトランザクションをクリーンアップする時に、不要な割り当てをクリーンアップします。

- Btrfs:トランザクションまたはトランザクションハンドルを解放する際に、不要なクリアをクリーンアップします。

- Btrfs:未使用引数をクリーンアップします。

- Btrfs:send.c での未使用引数をクリーンアップします。

- Btrfs:btrfs_csum_data の未使用の引数をクリーンアップします。

- Btrfs:未使用関数をクリーンアップします。

- Btrfs:新しい書き込み可能なスナップショット用の received_uuid フィールドをクリアします。

- Btrfs:Cocci は「memdup.spatch」を書き込みます。

- Btrfs:Cocci は「ptr_ret.spatch」を書き込みます。

- Btrfs:遅延ツリー refs の関連部分を比較します。

- Btrfs:インラインエクステントが作成済みである場合、全てをコピーします。

- btrfs:btrfs_decode_error で、より多くのエラーコードをカバーします。

- Btrfs:クォータを有効にするとき、サブボリュームの qgroup を自動的に作成。

- Btrfs:btrfs_map_block での不適切なマッピングに対処します。

- Btrfs:write_dev_supers でのエラーに対処します。

- Btrfs:ログを再生するときの空き領域キャッシュエラーに対処します。

- btrfs:BTRFS_MAGIC を u64 の値として定義します。

- Btrfs:ロギング中に見つかった場合、インラインエクステントを削除します。

- Btrfs:未使用関数を削除します。

- Btrfs:btrfs_read_root_item() に対する未使用パラメーターを削除します。

- btrfs:subvolrootid マウントオプションを廃止します。

- btrfs:デバイスを削除してカーネルからのエラーを取得します。

- Btrfs:qgroup id 0 を無効にします。

- Btrfs:ユーザーモードからの相互排他的な管理操作を許可しません。

- Btrfs:デバイス置換のターゲットデバイスで、操作の一部を許可しません。

- btrfs: non-whole_page のエクステント I/O を排除します。

- Btrfs:sync_fs で遅延入力を行います。

- Btrfs:記録したエクステントのマージまたは削除を許可しません。

- Btrfs:prepare_to_reloc で、BUG_ON を実行しません。

- Btrfs:中止された状況では、BUG_ON を実行しません。

- Btrfs:aio_write では、file_update_time を呼び出しません。

- Btrfs:名前の変更で inode フラグを変更しません。

- Btrfs:メモリ不足が発生した場合は続行しません。

- Btrfs:R/O サブボリュームにあるサブボリュームは削除しません。

- Btrfs:新しい名前のみを記録する場合、エクステントは記録しません。

- Btrfs:書き込みを行う場合、ems を prealloc としてマークしません。

- Btrfs:ツリーから削除された場合、記録したエクステントはマージしません。

- Btrfs:グローバル予約に十分な空間がない場合、オーバーコミットしません。

- Btrfs:スピンロック状態では、スピンしません。

- Btrfs:io_ctl_map_page で warn_on io_ctl->cur を実行しません。

- Btrfs:inode キャッシュに十分な領域がない場合、現在のトランザクションを中止しません。

- Btrfs:NULL 拡張の属性を追加しません。

- Btrfs:欠けているデバイスが多すぎる場合、デグレード状態のマウントを許可しません。

- Btrfs:RAID5/RAID6 でのデバイス置換を許可しません。

- Btrfs:directIO を実行する際は、ファイルの自動デフラグを行いません。

- Btrfs:inode のみを記録する場合、コピーを行いません。

- Btrfs:btrfs_num_copies では、BUG_ON() を実行しません。

- Btrfs:btrfs_qgroup_reserve のみが失敗した場合は、btrfs_qgroup_free を呼び出しません。

- Btrfs:eb 全体を読み取るまでは、readahead フックを呼び出しません。

- Btrfs:トランザクションをクリーンアップするまで、fs_roots を削除しません。

- Btrfs:スクラブでツリーエラーを印刷する際、パスをドロップしません。

- Btrfs:flushoncommit が設定されている場合、while ループで delalloc inode をフラッシュしません。

- Btrfs:中止した際に、ライトバック中のページの完了を強制しません。

- Btrfs:スピンロックのコンテキストでは、btrfs_invalidate_inodes() を呼び出しません。

- Btrfs:新しいトークンの memset を行いません。

- Btrfs:中止した際に、NULL ポインターを逆参照しません。

- Btrfs:過度な数の参照のドロップを試みる場合、パニックになりません。

- Btrfs:チャンクを割り当る際は、再入力しません。

- Btrfs:同期を開始した場合、新しいトランザクションを開始しません。

- Btrfs:スペースタイプが異なる場合、グローバル予約から予約済みスペースを盗みません。

- btrfs:間違ったアイテムに遭遇した後、検索を停止しません。

- Btrfs:空き領域の inode である場合、inode delalloc mutex は選択しません。

- Btrfs:順序付けられた操作のリストを繰り返しトラバースしません。

- Btrfs:スーパーブロックラベルを信頼せず、単に printk('%s') を行います。

- Btrfs:ログの再生で、ebs を二度試行および解放しません。

- btrfs:欠落したデバイスについて、udev の通知を試みません。

- Btrfs:inode キャッシュ切り捨てに対して、グローバルブロック予約を使用しません。

- Btrfs:トランザクションのコミット中、全てのライターを循環的に待機しません。

- Btrfs:トランザクションがオープンである場合、順序付けられたエクステントを待機しません。

- Btrfs:insert_new_root で log_removal を行いません。

- btrfs:inode ルートが NULL の場合、inode をドロップします。

- Btrfs:btrfs_balance() での use-after-free を排除します。

- Btrfs:エクステントの割り当て中、min_bytes パラメーターを実施します。

- Btrfs:デバイス置換サポートに対して btrfs 構造を強化します。

- btrfs:スーパーブロックチェックを強化します。

- btrfs:__btrfs_alloc_chunk で devices_info を
オーバーランさせないことを保証します。

- Btrfs:混合されているとき、応答する前にログされているエクステントを除外します。

- Btrfs:quota_tree のために明示的に global_block_rsv を使用します。

- Btrfs:可能な限りチェックサムを拡張します。

- btrfs:サブボリュームを削除する際に、グローバル予約にフォールバックします。

- Btrfs:スペースのピン解除の際に、グローバル予約を満たします。

- Btrfs:ファイルごとの nocow のバグを修正します。

- Btrfs:delalloc バイトの llseek が prealloc エクステントの背後にある場合のバグを修正します。

- Btrfs:未使用ラベルに対するビルド警告を修正します。

- Btrfs:ENOSPC のためにトランザクションを中止する際のデッドロックを修正します。

- Btrfs:エラー処理における保留中のスナップショットでの二重解放を修正します。

- Btrfs:btrfs_balance() での誤ったマージを修正します。

- Btrfs:バランス使用率フィルターの回帰を修正します。

- Btrfs:書き込みエラーの場合のスクラブ回帰を修正します。

- Btrfs:クォータを無効にするときの警告が、修正されます。

- Btrfs:qgroup の限度を更新するときの警告が、修正されます。

- Btrfs:解放されているツリールートへのアクセスが修正されます。

- Btrfs:ツリー mod ログ機能のルートポインターへのアクセスが、修正されます。

- Btrfs:read_tree_block のすべての呼び出し元が修正されます。

- Btrfs:listxattr の while ループを修正します。

- Btrfs:autodefrag および umount のロックアップを修正します。

- Btrfs:ツリー削除での backref ウォーキングの競合を修正します。

- Btrfs:不適切なエクステントログが、修正されます。

- Btrfs:バランス後の破損した nocow が、修正されます。

- btrfs:IS_ERR em を開放する btrfs_cont_expand() を修正

- btrfs:btrfs_extend_item() のコメントを修正します。

- Btrfs:最初のスーパーブロック読み取りで EIO が与えられる場合の、スクラブの BUG() を修正します。

- Btrfs:同じ raid タイプのフラグが二度チェックされる問題を修正します。

- Btrfs:チャンク割り当てエラー処理を修正します。

- Btrfs:inode キャッシュオプションで動作しないクリーナースレッドを修正します。

- Btrfs:mount -o ssd のクラスターアラインメントを修正します。

- btrfs:コメントの誤字を修正します。

- Btrfs:混乱を招く edquot 発生事例が、修正されます。

- Btrfs:qgroups が有効な状態での、ログ再生におけるクラッシュを修正します。

- Btrfs:ulist_add_merge に関するクラッシュを修正します。

- Btrfs:未送信によるデッドロックを修正します。

- Btrfs:btrfs_qgroup_account_ref() での二重解放を修正します。

- Btrfs:iterate_extent_inodes() での二重解放が、修正されます。

- Btrfs:btrfs_delalloc_reserve_metadata での EDQUOT 処理を修正します。

- Btrfs:パンチホールの is_extent_unchanged における、btrfs send からの EIO を修正します。

- Btrfs:btrfs_ioctl_send() でのエラー処理が、修正されます。

- Btrfs:作成/読み取りブロックグループのエラー処理が、修正されます。

- Btrfs:btrfs 送信のエステートが修正されます。

- Btrfs:O_DIRECT による prealloc へのエクステントログが、修正されます。

- Btrfs:mutex を保持している間の、遅延した参照ヘッドの解放を修正します。

- Btrfs:フリーズ対自動デフラグを修正します。

- Btrfs:ハッシュオーバーフロー処理を修正します。

- Btrfs:中止の際の、未解決の順序付けられたエクステントの破棄方法を修正します。

- Btrfs:マウント時に中止するときの無限ループが、修正されます。

- Btrfs:2 回を超える、同じトランザクションハンドラーの結合を修正します。

- Btrfs:lockdep 警告が修正されます。

- Btrfs:ツリー mod ログでの ROOT_REPLACE 操作のロックを修正します。

- Btrfs:スペースが十分でない場合の多数のオーファン inodes を修正します。

- Btrfs:raid5/6 での最大チャンクサイズを修正します。

- Btrfs:btrfs_create_tree() でのメモリ漏洩を修正します。

- Btrfs:name_cache_insert() でのメモリ漏洩を修正します。

- Btrfs:ログルートのメモリ漏洩を修正します。

- Btrfs:pending_snapshot->inherit のメモリ漏洩を修正します。

- Btrfs:fs_info->qgroup_ulist を通じてメモリパッチャーを修正します。

- btrfs:コメントでの軽微な誤字を修正します。

- btrfs:フラグの誤解を招く変数名を修正します。

- Btrfs:トランザクション->中止チェックの欠落を修正します。

- Btrfs:qgroup.c での ulist_add() に関するチェックの欠落が、修正されます。

- Btrfs:qgroup 関係を作成する前の欠落しているチェックが、修正されます。

- Btrfs:クォータを無効にする前の、チェックの欠落を修正します。

- Btrfs:btrfs_qgroup_inherit() での欠落しているチェックが、修正されます。

- Btrfs:btrfs_clean_quota_tree での、削除済みアイテムの欠落を修正します。

- Btrfs:トランザクションをコミットする際の、フラッシュの欠落を修正します。

- Btrfs:i_size 更新の欠落を修正します。

- Btrfs:BTRFS_INODE_NEEDS_FULL_SYNC が設定されている場合の、ログの欠落を修正します。

- Btrfs:fallocat 前の、qgroup 予約の欠落を修正します。

- Btrfs:commit_transaction() での、qgroup 予約解放の欠落を修正します。

- Btrfs:start_transaction() での、スペース/qgroup 予約解放の欠落を修正します。

- Btrfs:delalloc 予約のエラーパスでの、予約済みスペース解放の欠落を修正します。

- Btrfs:btrfs_ioctl_resize() での、書き込みアクセス解放の欠落を修正します。

- Btrfs:「mutually exclusive op is running(相互排他的操作が実行中)」エラーコードを修正します。

- Btrfs:再配置中に skinny エクステントを見つけられない問題を修正します。

- Btrfs:トランザクション中止後の NULL ポインターを修正します。

- Btrfs:btrfs_allocate() の予約済みサイズの off-by-one エラーを修正します。

- Btrfs:btrfs_punch_hole() での同一ページチェックの off-by-one エラーを修正します。

- Btrfs:fiemap での off-by-one が、修正されます。

- Btrfs:lseek での off-by-one を修正します。

- Btrfs:scrub 関数によるファイルデータ復元時の oops を修正します。

- Btrfs:ツリーログ復元時のパニックを修正します。

- Btrfs:umask によって影響されない空のファイルの権限を修正してください。

- Btrfs:umask によって影響されない空のファイルの権限を修正してください。

- Btrfs:スローキャッシュでの可能性がある無限ループが、修正されます。

- Btrfs:replace_path() での可能性があるメモリ漏洩が、修正されます。

- Btrfs:find_parent_nodes() のメモリ漏洩の可能性が修正されます。

- Btrfs:古いデータの潜在的な漏洩を修正します。

- Btrfs:printk および変数名を修正します。

- Btrfs:マウントでの qgroup 再スキャンの再開が、修正されます。

- Btrfs:mmap の書き込みと圧縮の間の競合を修正します。

- Btrfs:スナップショット削除および inode 取得の間の競合を修正します。

- Btrfs:ビットフィールドの使用によって発生する整合性チェックでの競合を修正します。

- Btrfs:reada デバッグコードコンパイルが、修正されます。

- Btrfs:再マウント対自動デフラグを修正します。

- Btrfs:繰り返される delalloc 作業割り当てを修正します。

- Btrfs:読み取り専用デバイスのサイズ変更を修正します。

- Btrfs:copy_nocow_pages_for_inode におけるいつかの潜在的な問題を修正します。

- Btrfs:リンク解除および名前変更を構成する空間を修正します。

- Btrfs:メタデータ空間予約に失敗した場合の空間漏洩を修正します。

- btrfs:LZO 圧縮ワークスペースのコードコメントを修正します。

- Btrfs:btrfs_attach_transaction_barrier のコメント誤字を修正します。

- Btrfs:トランザクションの開始/アタッチおよびコミットの間でのデッドロックを修正します。

- Btrfs:EOF を超えるページを修正します。

- Btrfs:qgroup 予約スペースが時期尚早に解放されることを修正します。

- Btrfs:bio および btrfs_stop_workers 間の競合を修正します。

- Btrfs:遅延 refs のトランザクション調整が、修正されます。

- Btrfs:ルート分割操作でのツリー mod ログ回帰が、修正されます。

- Btrfs:btrfs_ioctl_resize() の軽微なエラーを修正します。

- Btrfs:fs/btrfs の誤字を修正します。

- Btrfs:再マウントするときのブロックされていない自動デフラガーが、修正されます。

- Btrfs:async トランザクションのコミットメントが失敗した場合の、閉じられていないトランザクションハンドラーを修正します。

- Btrfs:未完了のトランザクションを修正します。

- Btrfs:巻き戻されたツリーブロックの解放後のロック解除が、修正されます。

- Btrfs:btrfs_ioctl_resize での順序のロック解除を修正します。

- Btrfs:btrfs_ioctl_rm_dev での順序のロック解除を修正します。

- Btrfs:空き領域、キャッシュを検索する際の不要な while ループを修正します。

- Btrfs:保護されていないデフラグ可能な inode 挿入を修正します。

- Btrfs:ファイルエクステントを記録する際の、保護されていないエクステントマップ操作を修正します。

- Btrfs:サブボリュームの inode rb-tree の保護されていない root ノードを修正します。

- Btrfs:マウント解除中の use-after-free バグが、修正されます。

- btrfs:varargs in __btrfs_std_error を修正してください。

- Btrfs:free_extent_map の警告を修正します。

- Btrfs:スナップショット作成時の警告を修正します。

- Btrfs:can_overcommit() の誤ったコメントを修正します。

- Btrfs:誤ったファイルエクステント長を修正します。

- Btrfs:コミットが失敗した場合の、create_snapshot() のエラーパスでの誤ったハンドルを修正します。

- Btrfs:単一プロファイルでの誤った最大デバイス数を修正します。

- Btrfs:誤ったミラー番号のチューニングを修正します。

- Btrfs:DIO 書き込み時の誤った outstanding_extents を修正します。

- Btrfs:誤った csums の予約を修正します。

- Btrfs:snap/subv 作成中の、qgroup での誤った予約済みスペースを修正します。

- Btrfs:スナップショット/サブボリューム削除中の、誤った予約済みスペースを修正します。

- Btrfs:btrfs_lookup_csum() の誤った戻り値を修正します。

- Btrfs:btrfs_truncate_page() の誤った戻り値を修正します。

- Btrfs:btrfs_wait_for_commit() の誤った戻り値を修正します。

- Btrfs:btrfs_file_aio_write() の 誤った sync_writers デクリメントを修正します。

- btrfs:必要に応じて、module.h の使用を修正/削除します。

- Btrfs:ライトバックを開始できない場合、ダーティな inode を全てフラッシュします。

- Btrfs:エラーの際に、記録済みツリーブロックを全て解放します。

- Btrfs:エクステントのスクラブが完了した場合、csums を解放します。

- Btrfs:スナップショットを認識したデフラグ作業の同時性を改善します。

- Btrfs:btrfs_wait_ordered_range の正しい引数を取得します。

- btrfs:削除する際に、デバイスを書き込みモードにします。

- Btrfs:qgroup 操作に対する書き込みアクセスを取得します。

- Btrfs:スクラブに対する書き込みアクセスを取得します。

- Btrfs:fs のサイズ変更が完了した場合、書き込みアクセスを取得します。

- Btrfs:デバイスを削除する際に、書き込みアクセスを取得します。

- Btrfs:デフォルトのサブボリュームを設定する際に、書き込みアクセスを取得します。

- Btrfs:偽造のチャンクツリーを上手く処理します。

- Btrfs:あらゆる場所で btrfs_map_bio() からのエラーを処理します。

- Btrfs:圧縮サブミッションパスのエラーを処理します。

- btrfs:get_tree_block_key から返されるエラーを処理します。

- btrfs:NULL の fs_info in btrfs_panic() を処理してください。

- Btrfs:実行エクステントの ops を skinny メタデータで処理します。

- Btrfs:順序付けられたエクステントを待機する時に、順序付けられた mutex 操作を保留します。

- Btrfs:__tree_mod_log_rewind でのツリー mod ロックが、保持されます。

- Btrfs:コミットしていない場合、エラーが発生したらトランザクションを単に終了します。

- btrfs:デバイスオープンの失敗を
__btrfs_open_devices で無視します。

- Btrfs:オーファン qgroup の関係を無視します。

- Btrfs:ロック解除された dio 書き込みを実装します。

- Btrfs:遅延 inode スロットリングを改善します。

- Btrfs:scrub_stripe のループが改善されます。

- Btrfs:noflush 予約を改善します。

- Btrfs:csums 検索のパフォーマンスが改善されます。

- Btrfs:スクラブ修理コードで、ミラーの読み取りを最適化します。

- Btrfs:スクラブ修理コードで、alloc エラー処理を簡素化します。

- Btrfs:ほとんどのエラー printk() にデバイスを含めます。

- Btrfs:デバイスの置換で、BTRFS_MAX_MIRRORS を 1 増やします。

- btrfs:btrfs デバイス構造の複製後、io_lock を初期化します。

- Btrfs:init により、マッピング付きの extent_io_tree が再配置されます。

- Btrfs:fsync を行う場合のインライン csums。

- Btrfs:btrfs_dev_replace_item タイプを導入します。

- Btrfs:btrfs クォータ操作用の mutex ロックが、導入されます。

- Btrfs:btrfs_map_block() に対して GET_READ_MIRRORS 機能を導入します。

- Btrfs:fs/ファイルツリーの root に対して grab/put 関数を導入します。

- Btrfs:サブボリューム毎の delalloc inode リストを導入します。

- Btrfs:サブボリューム毎の順序付けられたエクステントリストを導入します。

- Btrfs:qgroup_ulist を導入して、ulist の頻繁な割り当て/解放を回避します。

- Btrfs:スナップショット作成前に、ソースツリーで delalloc inode を単にフラッシュします。

- Btrfs:エクステントの元のブロック長を追跡します。

- Btrfs:replay_one_buffer で、複製コードを kill します。

- Btrfs:find_parent_nodes() の一部の BUG_ONs() が、強制終了されます。

- Btrfs:del_ptr の不要な引数を kill します。

- Btrfs:btrfs_pin_extent_for_log_replay の未使用引数を kill します。

- Btrfs:update_block_group の未使用引数を kill します。

- Btrfs:cache_block_group の未使用引数を kill します。

- Btrfs:割り当てを正しい raid タイプから開始させます。

- btrfs:fallocate エクステント予約を 256MB に制限します。

- Btrfs:グローバル予約を 512MB に制限します。

- btrfs:list_entry が NULL を返せません。

- Btrfs:ログは、エクステントマップツリーに基づいて inode を変更しました。

- Btrfs:RAM のバイトプロパティをログします。

- Btrfs:__merge_refs() のリターンタイプを無効にします。

- Btrfs:backref ウォーキングコードに skinny メタデータを処理させます。

- Btrfs:delalloc inode がマルチタスクでフラッシュされるようにします。

- Btrfs:遅延した参照ロックのロジックを、より読みやすくします。

- Btrfs:順序付けられたエクステントがマルチタスクでフラッシュされるようにします。

- Btrfs:順序付けられた操作がマルチタスクで処理されるようにします。

- btrfs:オーファンクリーンアップの冗長性を減らします。

- Btrfs:raid 属性の配列を、より読みやすくします。

- btrfs:静的コードを静的にし、デッドコードを削除します。

- btrfs:subvol の作成/削除を早い段階で killable にします。

- Btrfs:ログ再生後、nbytes が適切であることを確認します。

- Btrfs:NODATACOW にも NODATASUM が設定されていることを確認します。

- Btrfs:ノードを解放する前にルートが割り当てられていることを、確認します。

- Btrfs:チャンクアロケーターを、完全にツリーロックがない状態にします。

- Btrfs:fs がマウント解除されようとしているとき、クリーナーを早期に完了します。

- Btrfs:スクラブページ配列を動的に割り当てます。

- Btrfs: fs が R/O のとき、snap/subv 削除の終了を早めます。

- Btrfs:トランザクションの状態をより読みやすくします。

- Btrfs:__merge_refs で inode_list をマージします。

- Btrfs:ツリーログライトバックの保留中の IO をマージします。

- btrfs:複数の save_error_info ヘルパーを 1 つにマージします。

- Btrfs:MOD_LOG_KEY_REMOVE_WHILE_MOVING は、ノードの nritems を決して変更しません。

- btrfs:よりオープンにコード化された file_inode()。

- Btrfs:btrfs_truncate_page を btrfs_truncate ではなく、btrfs_cont_expand に移動させます。

- Btrfs:set_page_dirty のチェックを DEBUG の下に移動させます。

- Btrfs:mksubvol 中に d_instantiate をトランザクション外に移動させます。

- Btrfs: fs/btrfs/ioctl.h to include/uapi/linux/btrfs.h を移動させます。

- btrfs:サニティチェックに関する ifdef をinit_btrfs_fs 外に移動させます。

- btrfs:漏洩デバッグコードを関数へ移動させます。

- Btrfs:一部の共通コードをサブ関数へ移動させます。

- Btrfs: R/O チェックを btrfs_clean_one_deleted_snapshot() の外に移動します。

- btrfs:デバイスを削除する際、udev に通知します。

- Btrfs:ダーティとしてマークされている場合にのみ、バッファでダーティをクリアします。

- Btrfs:これが最後の ref である場合、tree_mod_log_free_eb のみを行います。

- Btrfs:ブロックグループの範囲内でスーパーだけを除外します。

- Btrfs:正常に実行できる場合にのみ、inode アイテムを記録します。

- Btrfs:必要な場合にのみ、ロック解除および再ロックを行います。

- Btrfs:leaf_space_used を最適化します。

- Btrfs:read_block_for_search を最適化します。

- Btrfs:reada_for_balance を最適化します。

- Btrfs:use_block_rsv() のエラー処理を最適化します。

- Btrfs:オプションで、デバイス置換ソースドライブからの読み取りを回避します。

- Btrfs:root の代わりに fs_info を渡します。

- Btrfs:mapping_tree の代わりに fs_info を btrfs_map_block() に渡します。

- Btrfs:mapping_tree の代わりに fs_info を btrfs_num_copies() に渡します。

- Btrfs:0 の代わりに NULL を渡します。

- Btrfs:root オブジェクトを btrfs_ioctl_{start、wait}_sync() に渡します。

- Btrfs:R/O に再マウントするときに、スペースバランスを一時停止します。

- Btrfs:順序付けられた操作を、トランザクション毎のリストに配置します。

- Btrfs:まだ関係がある場合は、qgroup の破棄を回避します。

- Btrfs:デバイスリストをその mutex で保護します。

- Btrfs:fs_info->alloc_start を保護します。

- Btrfs:ファイル終端を越えたホールをパンチングします。

- Btrfs:正しく順序付けられたエクステントに csums を配置します。

- Btrfs:オーファンクリーンアップが失敗した場合、inode を加えます。

- Btrfs:raid プロパティをグローバルテーブルに配置します。

- btrfs:一部の enospc メッセージを enospc_debug に配置します。

- Btrfs:RAID5 および RAID6。

- btrfs/raid56:欠落した #include <linux/vmalloc.h> を追加します。

- btrfs:ロックされているデバイスの完全な情報を読み取ります。

- Btrfs:bio をマップする際に、ブロックデバイスに対して bio を再チェックします。

- Btrfs:メモリ内の最初の論理バイトを記録します。

- Btrfs:遅延したエクステント操作を待機する間、CPU コンテンションを減らします。

- Btrfs:エクステントバッファロックで、ロックコンテンションを減らします。

- Btrfs:エラー処理のリファクタリングを行い、btrfs_create() で inode を ドロップします。

- Btrfs:ビットマップのブロックグループサイズ制限を緩和します。

- btrfs:scan_one_device から printk を削除します。

- Btrfs:ほとんど全ての BUG() を tree-log.c から削除します。

- Btrfs:btrfs_sector_sum 構造を削除します。

- Btrfs:btrfs_try_spin_lock を削除します。

- Btrfs:btrfs_read_fs_tree_no_radix() で BUG_ON() を削除します。

- btrfs:cache only 引数をデフラグパスから削除します。

- Btrfs:raid56 のデバイス最小数に対する競合するチェックを削除します。

- Btrfs:非推奨のコメントを削除します。

- Btrfs:チャンクを追加できなかった場合、エクステントマッピングを削除します。

- Btrfs:btrfs_clean_quota_tree 関数の、root に関する重複チェックを削除します。

- Btrfs:backref ツリーを移動するとき、一部の BUG_ONs() を削除します。

- Btrfs:一部の不必要な spin_lock 使用率を削除します。

- Btrfs:スクラブのコンテキスト構造から、ブロックデバイスポインターを削除します。

- Btrfs:cleanup_transaction() で不可能なケースのコードを削除します。

- Btrfs:無効な縮小サイズチェックを btrfs_shrink_dev() から削除します。

- Btrfs:btrfs_commit_transaction() で、時間チェックを削除します。

- btrfs:join_transaction の goto ループの前に設定された不要な cur_trans を削除します。

- btrfs:不要な DEFINE_WAIT() 宣言を削除します。

- Btrfs:保留中のスナップショットの作成時に、不要な dget_parent/dput を削除します。

- Btrfs:cleaner_kthread() での不必要な ->s_umount を削除します。

- Btrfs:btrfs_transaction の不要な varient ->num_joined を削除します。

- Btrfs:btrfs_extend_item() の未使用引数を削除します。

- Btrfs:fixup_low_keys() の使用しない引数を削除します。

- Btrfs:btrfs_del_root の未使用コードを削除します。

- Btrfs:未使用のエクステント io ツリー ops V2 を削除します。

- btrfs:btrfs_ioctl_send() の未使用 fd を削除します。

- btrfs:未使用の fs_info from btrfs_decode_error() を削除してください。

- btrfs:未使用の gfp マスクパラメーターを release_extent_buffer コールチェインから削除します。

- btrfs:btrfs_insert_delayed_item() の未使用の「item」を削除します。

- Btrfs:__process_changed_new_xattr() の
未使用変数を削除します。

- Btrfs:iterate_extent_inodes() の未使用変数を削除します。

- Btrfs:quota_ctl での不要なコピーを削除します。

- Btrfs:空き領域キャッシュ書き出しでの警告を、削除します。

- Btrfs:root_times_lock to root_item_lock の名前を変更します。

- Btrfs:スクラブのコンテキスト構造の名前を変更します。

- Btrfs:btrfs_iorescan for ctl_defrag で、ロックおよびサニティチェックの順序を変えます。

- Btrfs:ポインターの削除で、ツリー mod ログ操作の順序を変えます。

- Btrfs:qgroup を再スキャンします。

- Btrfs:パスのロック状態をゼロにリセットします。

- Btrfs:btrfs_run_defrag_inodes() を再構築します。

- Btrfs:edquot が発生した場合、至急戻ります。

- Btrfs:エクステントツリーの破損がある場合、EIO を返します。

- Btrfs:btrfs_alloc_path が失敗した場合、BUG_ON を使用せずに、ENOMEM を返します。

- Btrfs:メモリ割り当てに失敗したとき、可能な場合、 errno を返します。

- Btrfs: btrfs_check_trunc_cache_free_space() でエラーコードを返します。

- Btrfs:デフラグに不適切な開始を指定すると、エラーを返します。

- Btrfs:cow エラーパスで、空き領域を返します。

- Btrfs:合計サイズに基づくように、オーバーコミットロジックを修正します。

- Btrfs:read_lock として保存します。

- Btrfs:Kconfig で、XOR_BLOCKS を選択します。

- Btrfs:遅延 ref 追跡とツリー mod ログのシーケンス番号を、分離します。

- Btrfs:切り捨てのある、ロック解除された dio 読み取りをシリアル化します。

- Btrfs:マウントされたファイルシステムのラベルを設定/変更します。

- Btrfs:フラッシュが制限されている場合は、フラッシュを設定します。

- Btrfs:ホールパンチング時間を適切に設定します。

- Btrfs:作成されたツリーのために UUID を root_item に設定します。

- Btrfs:停止ワーカーコードを共有します。

- btrfs:モジュールのロード時に compiled-in 構成機能を表示します。

- Btrfs:リンク解除予約を簡素化します。

- Btrfs:必要ない場合は、ACL 属性の追加をスキップします。

- Btrfs:スナップショットを認識したデフラグ。

- Btrfs:btrfs_qgroup_account_ref を 4 つの機能に分割します。

- Btrfs:オーファンをクリーンアップする場合は、グローバル予約から盗みます。

- Btrfs:root をクリーンアップする前に、すべてのワーカーを停止します。

- Btrfs:delalloc をフラッシュするために、try_to_writeback_inodes_sb_nr の使用を停止します。

- Btrfs:中止した場合、現在の trans での待機を中止します。

- Btrfs:delalloc inodes を一度にトラバースおよびフラッシュします。

- btrfs:raid56 stripe キャッシュの割り当てをより懸命に試みます。

- Btrfs:圧縮された送信での enospc のエクステント範囲を、ロック解除します。

- btrfs:unpin_extent_cache:誤字および不要な引数を修正します。

- Btrfs:順序付けられたエクステントが動作しない場合、スペースの予約を解除します。

- btrfs:kconfig タイトルを更新します。

- Btrfs:空の場合、グローバル予約を更新します。

- btrfs:truncate() でタイムスタンプを更新

- Btrfs:fs_state ビットを使用するように更新します。

- Btrfs:bio internals を乱用せずに、btrfs bioset を使用します。

- Btrfs:ロックを使用して、スーパーブロックの incompat/compat フラグを保護します。

- Btrfs:percpu を使用して、固定されている可能性があるバイトを追跡します。

- Btrfs:->fs_state のビット操作を使用します。

- Btrfs:遅延作業の代わりに共通作業を使用します。

- Btrfs:空き領域計算に、block_group->sectorsize の代わりに ctl->unit を使用します。

- Btrfs:btrfs_allocate() で、既存の align マクロを使用します。

- Btrfs:ヘルパーを使用してツリールートをクリーンアップします。

- btrfs:エクステントバッファからの inline_pages のみを使用します。

- Btrfs:ダーティなメタデータカウントに percpu カウンターを使用します。

- Btrfs:fs_info->delalloc_bytes に percpu カウンターを使用します。

- btrfs:rcu_barrier() を使用して、unmount で bdev puts を待機します。

- Btrfs:すべてのメタデータ IO に、REQ_META を使用します。

- Btrfs:予約済み空間を使用して、スナップショットを作成します。

- Btrfs:適切な範囲を使用して、圧縮されたエクステントのチェックサムを検索します。

- Btrfs:use seqlock を使用して、fs_info->avail_{data, metadata, system}_alloc_bits を保護します。

- Btrfs:our i_nlink が 0 である場合、set_nlink を使用します。

- Btrfs:自動デフラグ割り当てにスラブを使用します。

- Btrfs:遅延参照割り当てにスラブを使用します。

- Btrfs:inode 自身のロックを使用して、その delalloc_bytes を保護します。

- Btrfs:トークンを使用して、時間マッピングエクステントバッファを回避します。

- Btrfs:ツリーログ内の可能な場所でトークンを使用します。

- Btrfs:クォータを無効にするときに edquot を回避するために、 tree_root を使用します。

- btrfs:署名されていない long タイプを、エクステント状態ビットで使用します。

- Btrfs:ラッパー page_offset を使用します。

- Btrfs:多様な中止クリーンアップ。

- Btrfs:最後の瞬間に、順序付けられたエクステントを待機します。

- Btrfs:ダイレクト IO を行う前に、順番付けされた範囲を待機します。

- Btrfs:中止時の遅延 ref フラッシュ待機処置をスリープ解除します。

- 再試行可能な失敗時に chunk_alloc フラグをクリアします。

- バランスで許可された raid レベルを訂正します。

- コメント内の「whether」のスペルミスを修正します。

- fs/btrfs:WARN_ON に関する場合、ドロップします。

- fs/btrfs:CONFIG_EXPERIMENTAL に従って削除します。

- fs/btrfs:WARN を使用します。

- 軽微なフォーマットクリーンアップ。

- 新しいヘルパー:file_inode(file)。

- 「Btrfs:umask によって影響されない空のファイルの権限を修正」を元に戻します。

- 「Btrfs:MOD_LOG_KEY_REMOVE_WHILE_MOVING は、ノードの nritems を決して変更しません」を元に戻します。

- 「Btrfs:ポインター削除での、ツリー mod ログ操作の順序変更」を元に戻します。

- treewide:printk の誤字を修正します。

- writeback:nr_pages_dirtied 引数を balance_dirty_pages_ratelimited_nr() から削除します。

- drivers/cdrom/cdrom.c:問題があるハードウェアに kzalloc() を使用してください(bnc#824295, CVE-2013-2164)。

- fanotify:copy_event_to_user() の情報漏洩(CVE-2013-2148 bnc#823517)。

- block:書式文字列としてディスク名を受け渡ししません(bnc#822575 CVE-2013-2851)。

- libceph:認証クライアントコードでの NULL ポインターデリファレンスを修正します。(CVE-2013-1059、bnc#826350)

- patches.drivers/media-rtl28xxu-01-add-NOXON-DAB-DAB-USB- dongle-rev-2.patch を更新します(bnc#811882)。

- patches.drivers/media-rtl28xxu-02-1b80-d3a8-ASUS-My-Cinema-U3100Mini-Pl.patch を更新します(bnc#811882)。

- patches.drivers/media-rtl28xxu-03-add-Gigabyte-U7300-DVB
-T-Dongle.patch を更新します(bnc#811882)。

- patches.drivers/media-rtl28xxu-04-correct-some-device-names.patch を更新します(bnc#811882)。

- patches.drivers/media-rtl28xxu-05-Support-Digivox-Mini-HD.patch を更新します(bnc#811882)。

- patches.drivers/media-rtl28xxu-06-Add-USB-IDs-for-Compro
-VideoMate-U620.patch を更新します(bnc#811882)。

- patches.drivers/media-rtl28xxu-07-Add-USB-ID-for-MaxMedia-HU394-T.patch を更新します(bnc#811882)。bnc 参照を訂正します。

- patches.fixes/block-discard-granularity-might-not-be-power-of-2.patch を更新します(bnc#823797)。

- block:パワー 2 でない可能性がある粒度を破棄します。

- USB:ハブが必要とする quirk の再開をリセットします(bnc#810144)。

- NFS:keytabless マウントを修正します(bnc#817651)。

- ipv4:TCP パケットのリダイレクト処理を修正します(bnc#814510)。

- KOTD ビルドに git コミットを常に含めてください。こうすることにより、正式なディストリビューションに送信されるビルドで、明示的に設定する必要がなくなります(bnc#821612, bnc#824171)。

- Btrfs:prealloc エクステントで、csums を適切に再配置します。

- gcc4:GCC 4.6+ の __compiletime_object_size を無効にします(bnc#837258)。

&#9; - ALSA:hda - Toshiba Satellite C870 を MSI ブラックリストに追加します(bnc#833585)。

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=799516

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=801341

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=802347

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=804198

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=807153

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=807188

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=807471

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=808827

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=809906

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=810144

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=810473

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=811882

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=812116

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=813733

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=813889

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=814211

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=814336

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=814510

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=815256

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=815320

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=816668

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=816708

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=817651

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=818053

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=818561

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=821612

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=821735

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=822575

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=822579

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=823267

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=823342

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=823517

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=823633

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=823797

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=824171

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=824295

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=826102

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=826350

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=826374

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=827749

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=827750

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=828119

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=828191

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=828714

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=829539

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=831058

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=831956

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=832615

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=833321

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=833585

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=834647

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=837258

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=838346

https://lists.opensuse.org/opensuse-updates/2013-12/msg00129.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 74878

ファイル名: openSUSE-2013-1034.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/6/13

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 6.7

CVSS v2.0

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.1

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-source, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-source-vanilla, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-syms, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-devel-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:12.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/12/5

脆弱性公開日: 2013/3/6

参照情報

CVE: CVE-2013-0914, CVE-2013-1059, CVE-2013-1819, CVE-2013-1929, CVE-2013-1979, CVE-2013-2141, CVE-2013-2148, CVE-2013-2164, CVE-2013-2206, CVE-2013-2232, CVE-2013-2234, CVE-2013-2237, CVE-2013-2546, CVE-2013-2547, CVE-2013-2548, CVE-2013-2634, CVE-2013-2635, CVE-2013-2851, CVE-2013-2852, CVE-2013-3222, CVE-2013-3223, CVE-2013-3224, CVE-2013-3226, CVE-2013-3227, CVE-2013-3228, CVE-2013-3229, CVE-2013-3230, CVE-2013-3231, CVE-2013-3232, CVE-2013-3233, CVE-2013-3234, CVE-2013-3235, CVE-2013-3301, CVE-2013-4162

BID: 58301, 58382, 58426, 58597, 58908, 59055, 59377, 59380, 59381, 59382, 59383, 59387, 59388, 59389, 59390, 59393, 59394, 59396, 59397, 59538, 60254, 60341, 60375, 60409, 60410, 60715, 60874, 60893, 60922, 60953, 61411