openSUSE のセキュリティ更新:カーネル(openSUSE-SU-2013:0847-1)

high Nessus プラグイン ID 75018
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

openSUSE 12.1 カーネルが更新され、重大なセキュリティ問題およびさまざまなバグが修正されました。

修正済みのセキュリティ問題:CVE-2013-2094:Linux カーネルにおける kernel/events/core.c の perf_swevent_init 関数は、不適切な整数データタイプを使用していました。これにより、ローカルユーザーは細工された perf_event_open システムコールから権限を取得することが可能になりました。

CVE-2013-1774:Linux カーネルの drivers/usb/serial/io_ti.c の chase_port 関数により、ローカルユーザーが、切断された Edgeport USB シリアルコンバーターで試行された /dev/ttyUSB の読み込みまたは書込み操作を介して、サービス拒否(NULL ポインターデリファレンスとシステムクラッシュ)引き起こす可能性がありました。

CVE-2013-1928:Linux カーネルの fs/compat_ioctl.c の do_video_set_spu_palette 関数に特定のエラーチェックがなく、ローカルユーザーが /dev/dvb デバイスで細工された VIDEO_SET_SPU_PALETTE ioctl 呼び出しによりカーネルスタックメモリから機密情報を入手することが可能でした。

CVE-2013-1796:Linux カーネルの arch/x86/kvm/x86.c の kvm_set_msr_common 関数が、MSR_KVM_SYSTEM_TIME 操作中に必要な time_page アライメントを保証しないために、ゲスト OS ユーザーが、細工されたアプリケーションを介して、サービス拒否(バッファオーバーフローおよびホスト OS のメモリ破損)を引き起こしたり、詳細不明なその他の影響を及ぼしたりする可能性がありました。

CVE-2013-1797:Linux カーネルの arch/x86/kvm/x86.c の use-after-free の脆弱性により、細工されたアプリケーションにより、MSR_KVM_SYSTEM_TIME kvm_set_msr_common 操作中に (1) 移動可能または (2) 削除可能なメモリの中のゲスト物理アドレス(GPA)の使用を発生させることを介して、ゲスト OS ユーザーがサービス拒否(ホスト OS のメモリ破損)を引き起こしたり、詳細不明な他の影響を及ぼしたりする可能性がありました。

CVE-2013-1798:Linux カーネルの virt/kvm/ioapic.c の ioapic_read_indirect 関数が、無効な IOAPIC_REG_SELECT と IOAPIC_REG_WINDOW 操作の特定の組み合わせを適切に処理しないために、ゲスト OS ユーザーが細工されたアプリケーションを介して、ホスト OS メモリから機密情報を取得したり、サービス拒否(ホスト OS OOPS)を引き起こしたりする可能性がありました。

CVE-2013-1767:Linux カーネルの mm/shmem.c における shmem_remount_fs 関数の use-after-free の脆弱性により、ローカルユーザーが、必要な mpol(別名 mempolicy)マウントオプションを指定せずに tmpfs ファイルシステムを再マウントすることにより、権限を取得したり、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こしたりする可能性がありました。

CVE-2013-0913:Linux カーネルの Direct Rendering Manager(DRM)サブシステムの i915 ドライバーにおける drivers/gpu/drm/i915/i915_gem_execbuffer.c の整数オーバーフローにより、ローカルユーザーが、サービス拒否(ヒープベースのバッファオーバーフロー)を引き起こしたり、細工されたアプリケーションを介して詳細不明な他の影響を及ぼしたりする可能性があります。これにより、多くの再配置コピーが発生し、競合状態が引き起こされる可能性があります。

修正されたバグ:

- qlge:最終チャンクが割り当てられていない場合、dma マップの漏洩を修正してください(bnc#819519)。

- TTY:atime/mtime の回帰を修正します(bnc#815745)。

- fs/compat_ioctl.c:VIDEO_SET_SPU_PALETTE にエラーチェックがありません(bnc#813735)。

- USB:io_ti:chase_port() のNULL 逆参照を修正します(bnc#806976、CVE-2013-1774)。

- KVM:gfn_to_hva_cache_init を使用するために、 MSR_KVM_SYSTEM_TIME を変換します(bnc#806980 CVE-2013-1797)。

- KVM:ioapic 間接レジスター読み取りでの境界チェックを修正します(bnc#806980 CVE-2013-1798)。

- KVM: MSR_KVM_SYSTEM_TIME の処理におけるバッファオーバーフローを修正します(bnc#806980 CVE-2013-1796)。

- kabi/severities:kvm モジュール abi の変更を許可 - モジュールの内容は矛盾していません

- loopdev:デッドロックを修正(bnc#809748)

- block:bd_set_size() で i_size_write() を使用してください(bnc#809748)。

- drm/i915:境界は execbuffer 再配置回数をチェックします、(bnc#808829、CVE-2013-0913)。

- tmpfs:mempolicy オブジェクトの use-after-free を修正してください(bnc#806138、CVE-2013-1767)。

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=806138

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=806976

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=806980

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=808829

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=809748

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=813735

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=815745

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=819519

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=819789

https://lists.opensuse.org/opensuse-updates/2013-05/msg00039.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 75018

ファイル名: openSUSE-2013-454.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/6/13

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-extra, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-extra-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-source, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-source-vanilla, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-syms, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-devel-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:12.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/5/23

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2013-0913, CVE-2013-1767, CVE-2013-1774, CVE-2013-1796, CVE-2013-1797, CVE-2013-1798, CVE-2013-1928, CVE-2013-2094