openSUSE セキュリティ更新:seamonkey(openSUSE-SU-2013:1180-1)

critical Nessus プラグイン ID 75081
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Seamonkey が 2.19 に更新され(bnc#825935)、バグとセキュリティ問題が修正されました。

修正されたセキュリティの課題:

- MFSA 2013-49/CVE-2013-1682/CVE-2013-1683 さまざまなメモリ安全性の問題

- MFSA 2013-50/CVE-2013-1684/CVE-2013-1685/CVE-2013-1686 Address Sanitizer の使用で見つかったメモリ破損

- MFSA 2013-51/CVE-2013-1687(bmo#863933、bmo#866823)XBL による権限のあるコンテンツのアクセスと実行

- MFSA 2013-52/CVE-2013-1688(bmo#873966)Profiler 内での任意のコードの実行

- MFSA 2013-53/CVE-2013-1690(bmo#857883)onreadystatechange イベントによりマップが解除されたメモリの実行

- MFSA 2013-54/CVE-2013-1692(bmo#866915)XHR HEAD リクエストの本文のデータは、CSRF 攻撃を引き起こします

- MFSA 2013-55/CVE-2013-1693(bmo#711043)SVG フィルターは、情報漏洩を引き起こす可能性があります

- MFSA 2013-56/CVE-2013-1694(bmo#848535)PreserveWrapper に一貫性のない動作があります

- MFSA 2013-57/CVE-2013-1695(bmo#849791)サンドボックスの制限は、ネスト化されたフレーム要素に適用されません

- MFSA 2013-58/CVE-2013-1696(bmo#761667)X-Frame-Options は、マルチパート応答を伴うサーバープッシュを使用している場合は無視されます

- MFSA 2013-59/CVE-2013-1697(bmo#858101)XrayWrappers は、権限のあるコンテキストでユーザーが定義したメソッドを実行するためにバイパスできます

- MFSA 2013-60/CVE-2013-1698(bmo#876044)getUserMedia 権限ダイアログは、場所を間違って表示しています

- MFSA 2013-61/CVE-2013-1699(bmo#840882).com、.net、および .name での Homograph ドメインのなりすまし

ソリューション

影響を受ける seamonkey パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=813026

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=814101

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=825935

https://lists.opensuse.org/opensuse-updates/2013-07/msg00041.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 75081

ファイル名: openSUSE-2013-574.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/6/13

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.6

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:seamonkey, p-cpe:/a:novell:opensuse:seamonkey-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:seamonkey-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:seamonkey-dom-inspector, p-cpe:/a:novell:opensuse:seamonkey-irc, p-cpe:/a:novell:opensuse:seamonkey-translations-common, p-cpe:/a:novell:opensuse:seamonkey-translations-other, p-cpe:/a:novell:opensuse:seamonkey-venkman, cpe:/o:novell:opensuse:12.2, cpe:/o:novell:opensuse:12.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/7/4

エクスプロイト可能

Metasploit (Firefox onreadystatechange Event DocumentViewerImpl Use After Free)

参照情報

CVE: CVE-2013-0788, CVE-2013-0789, CVE-2013-0792, CVE-2013-0793, CVE-2013-0794, CVE-2013-0795, CVE-2013-0796, CVE-2013-0800, CVE-2013-1682, CVE-2013-1683, CVE-2013-1684, CVE-2013-1685, CVE-2013-1686, CVE-2013-1687, CVE-2013-1688, CVE-2013-1690, CVE-2013-1692, CVE-2013-1693, CVE-2013-1694, CVE-2013-1695, CVE-2013-1696, CVE-2013-1697, CVE-2013-1698, CVE-2013-1699