openSUSE セキュリティ更新:MozillaFirefox(openSUSE-SU-2013:1916-1)

critical Nessus プラグイン ID 75239
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

- Firefox 26.0 への更新(bnc#854367、bnc#854370)

- パッチをリベースしました

- NSPR 4.10.2 と NSS 3.15.3.1 を必要とします

- MFSA 2013-104/CVE-2013-5609/CVE-2013-5610 さまざまなメモリ安全性の問題

- MFSA 2013-105/CVE-2013-5611(bmo#771294)アプリケーションインストールドアハンガーがナビゲーションで継続します

- MFSA 2013-106/CVE-2013-5612(bmo#871161)文字エンコーディングのクロスオリジン XSS 攻撃

- MFSA 2013-107/CVE-2013-5614(bmo#886262)サンドボックスの制限は、ネスト化オブジェクト要素に適用されません

- MFSA 2013-108/CVE-2013-5616(bmo#938341)イベントリスナーの use-after-free

- MFSA 2013-109/CVE-2013-5618(bmo#926361)テーブル編集中での use-after-free

- MFSA 2013-110/CVE-2013-5619(bmo#917841)JavaScript バイナリ検索アルゴリズムにおける潜在的なオーバーフロー

- MFSA 2013-111/CVE-2013-6671(bmo#930281)順序付けされたリスト要素を置き換える際のセグメンテーション違反

- MFSA 2013-112/CVE-2013-6672(bmo#894736)選択の貼り付けによる Linux クリップボードの情報漏洩

- MFSA 2013-113/CVE-2013-6673(bmo#970380)ビルトインルートに対する信頼設定が、EV 証明書の検証中に無視されます

- MFSA 2013-114/CVE-2013-5613(bmo#930381、bmo#932449)人工的なマウス動作の use-after-free

- MFSA 2013-115/CVE-2013-5615(bmo#929261)GetElementIC 型配列スタブを、観測されるタイプセット外で生成できます

- MFSA 2013-116/CVE-2013-6629/CVE-2013-6630(bmo#891693)JPEG 情報漏洩

- MFSA 2013-117(bmo#946351)誤って発行された ANSSI/DCSSI 証明書(NSS 3.15.3.1 を介して修正)

― GStreamer が現在デフォルトで有効化されているため gecko.js ユーザー設定ファイルを削除しました

ソリューション

影響を受けた MozillaFirefox パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=854367

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=854370

https://lists.opensuse.org/opensuse-updates/2013-12/msg00085.html

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 75239

ファイル名: openSUSE-2013-993.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/6/13

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 7.4

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-branding-upstream, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-buildsymbols, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-translations-common, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-translations-other, cpe:/o:novell:opensuse:12.2

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2013/12/13

参照情報

CVE: CVE-2013-5609, CVE-2013-5610, CVE-2013-5611, CVE-2013-5612, CVE-2013-5613, CVE-2013-5614, CVE-2013-5615, CVE-2013-5616, CVE-2013-5618, CVE-2013-5619, CVE-2013-6629, CVE-2013-6630, CVE-2013-6671, CVE-2013-6672, CVE-2013-6673