openSUSE セキュリティ更新:MozillaThunderbird(MozillaThunderbird-4800)

critical Nessus プラグイン ID 75665

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Mozilla Thunderbird が、3.1.11 リリースに更新されました。

新しい機能が含まれ、多数のバグが修正され、また次のセキュリティ問題も修正されます:

- MFSA 2011-19/CVE-2011-2374 CVE-2011-2376 CVE-2011-2364 CVE-2011-2365 さまざまなメモリ安全性の問題

- MFSA 2011-20/CVE-2011-2373(bmo#617247)スクリプトを無効にしたまま XUL ドキュメントを表示している場合での use-after-free の脆弱性

MFSA 2011-21/CVE-2011-2377-(bmo#638018、bmo#639303)multipart/x-mixed-replace 画像に起因するメモリ破損。

MFSA 2011-22/CVE-2011-2371 (bmo#664009)Array.reduceRight() での整数オーバーフローと任意のコードの実行。

- MFSA 2011-23/CVE-2011-0083 CVE-2011-0085 CVE-2011-2363 複数のダングリングポインターの脆弱性

- MFSA 2011-24/CVE-2011-2362(bmo#616264)クッキーの隔離エラー。

ソリューション

影響を受ける MozillaThunderbird パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=701296

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 75665

ファイル名: suse_11_3_MozillaThunderbird-110627.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/6/13

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird-translations-common, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaThunderbird-translations-other, p-cpe:/a:novell:opensuse:enigmail, cpe:/o:novell:opensuse:11.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/6/27

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Metasploit (Mozilla Firefox Array.reduceRight() Integer Overflow)

参照情報

CVE: CVE-2011-0083, CVE-2011-0085, CVE-2011-2362, CVE-2011-2363, CVE-2011-2364, CVE-2011-2365, CVE-2011-2371, CVE-2011-2373, CVE-2011-2374, CVE-2011-2376, CVE-2011-2377