openSUSE セキュリティ更新:MozillaFirefox(MozillaFirefox-5750)

critical Nessus プラグイン ID 75951

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Mozilla Firefox はバージョン 10 に更新され、バグとセキュリティ問題が修正されました。

MFSA 2012-01:Mozilla 開発者が、Firefox およびその他の Mozilla ベースの製品で使用されているブラウザエンジンのいくつかのメモリ安全性のバグを特定し、修正しました。これらのバグの一部には、特定の条件下でのメモリ破損の証拠が示されていました。十分な努力をすれば少なくともこれらの一部を悪用して、任意のコードが実行されることがあると、弊社では推測しています。

一般に Thunderbird および SeaMonkey 製品ではスクリプティングが無効になっているため、これらの欠陥はメールを使って悪用できません。ただし、当該製品のブラウザやブラウザ型のコンテキストでは潜在的なリスクがあります。参照

CVE-2012-0443:Ben Hawkes 氏、Christian Holler 氏、Honza Bombas 氏、Jason Orendorff 氏、Jesse Ruderman 氏、Jan Odvarko 氏、Peter Van Der Beken 氏、Bill McCloskey 氏により、Firefox 10 で修正されたメモリ安全性の問題が報告されました。

CVE-2012-0442:Jesse Ruderman 氏および Bob Clary 氏が報告されたメモリ安全性の問題は、Firefox 10 と Firefox 3.6.26 で修正されました。

MFSA 2012-02/CVE-2011-3670:歴史的な理由で Firefox はホスト名を角カッコで囲んだ Web アドレスの解釈に関して寛大です。ホストが有効な IPv6 リテラルアドレスでない場合、 Firefox はホストを正規のドメイン名として解釈しようとしました。Gregory Fleischer の報告によれば、プロキシを介して XMLHttpRequest オブジェクトを使用する IPv6 シンタックスを使って作成されたリクエストによって、 IPv6 のプロキシ構成に応じたエラーが生成されることがあります。プロキシからのその結果のエラーメッセージにより、機密データが漏洩されることがあります。その理由は、同一生成元ポリシー(SOP)により、XMLHttpRequest オブジェクトがこれらのエラーメッセージを読み取ることができ、ユーザーのプライバシーを損なうことができるからです。Firefox が RFC 3986 IPv6 リテラル構文を実施するようになりました。これにより、以前に受け入れられていた非標準の Firefox 独自形式を使用して書き込まれたリンクが、破棄されることがあります。

これは以前に Firefox 7.0、Thunderbird 7.0、SeaMonkey 2.4 で修正されていますが、 2012 年中には Firefox 3.6.26 および Thunderbird 3.1.18 のみで修正されました。

MFSA 2012-03/CVE-2012-0445:Alex Dvorov 氏により、攻撃者は、サブフレームの名前属性をフォーム送信ターゲットとして使用することで、別ドメインのドキュメント内のサブフレームを置換する可能性があることが報告されました。これによりユーザーに対してフィッシング攻撃が引き起こされる可能性があります。また、これは HTML5 フレームナビゲーションポリシーに違反しています。

Firefox 3.6 および Thunderbird 3.1 は、この脆弱性の影響を受けません

MFSA 2012-04/CVE-2011-3659:セキュリティ研究者 Regenrecht 氏は、 TippingPoint Zero Day イニシアチブで、AttributeChildRemoved の早期通知のため、削除された nsDOMAttribute の子ノードが状況によってはアクセス可能になることを報告しました。子ノードのこの use-after-free により、リモートコードを実行できることがあります。

MFSA 2012-05/CVE-2012-0446:Mozilla のセキュリティ研究者である moz_bug_r_a4 により、信頼できないオブジェクトを呼び出すとき、フレームスクリプトが XPConnect セキュリティチェックをバイパスすることが報告されました。これにより、Web ページと Firefox 拡張を通じてクロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を実施できる可能性があります。この修正は、Script Security Manager(SSM)を有効化し、すべてのフレームスクリプトに対してセキュリティチェックを強制します。

Firefox 3.6 および Thunderbird 3.1 は、この脆弱性の影響を受けません

MFSA 2012-06/CVE-2012-0447:Mozilla の開発者 Tim Abraldes 氏により、画像を image/vnd.microsoft.icon としてエンコードすると、実際の画像サイズを超えて、初期化されていないメモリがパディングとして追加され、生じるデータは常に固定サイズになることが報告されました。これは、エンコーダーの mImageBufferSize がソース画像のサイズとは異なる値で初期化された結果でした。初期化されていないメモリからの機密データが、ICO フォーマットの画像から変換されるときに、PNG 画像に追加される可能性があります。この機密データが、結果として生成される画像で漏洩する可能性があります。

Firefox 3.6 および Thunderbird 3.1 は、この脆弱性の影響を受けません

MFSA 2012-07/CVE-2012-0444:セキュリティ研究者 Regenrecht 氏は、 TippingPoint Zero Day イニシアチブで、Ogg Vorbis ファイルを解読する際にメモリが破損する可能性があることを報告しました。これによって解読の際にクラッシュが発生することがあり、リモートコードが実行される可能性があります。

MFSA 2012-08/CVE-2012-0449:セキュリティ研究者 Nicolas Gregoire 氏と Aki Helin 氏は個別に、無効な形式の埋め込まれた XSLT スタイルシートを処理する場合に、メモリ破損のため Firefox がクラッシュする恐れがあると報告しました。直接に悪用できる証拠はないが、リモートコードを実行する可能性があります。

MFSA 2012-09/CVE-2012-0450:magicant starmen により、ユーザーが Firefox Sync キーのエクスポートを選択した場合、「Firefox Recovery Key.html」ファイルが誤った権限で保存され、ファイルコンテンツは Linux および OS X システム上の他のユーザーから読み取り可能になることが報告されました。

Firefox 3.6 は、この脆弱性の影響を受けません。

ソリューション

影響を受けた MozillaFirefox パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=744275

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 75951

ファイル名: suse_11_4_MozillaFirefox-120201.nasl

バージョン: 1.4

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/6/13

更新日: 2021/1/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-branding-upstream, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-buildsymbols, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-translations-common, p-cpe:/a:novell:opensuse:MozillaFirefox-translations-other, cpe:/o:novell:opensuse:11.4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2012/2/1

エクスプロイト可能

CANVAS (White_Phosphorus)

Metasploit (Firefox 8/9 AttributeChildRemoved() Use-After-Free)

参照情報

CVE: CVE-2011-3659, CVE-2011-3670, CVE-2012-0442, CVE-2012-0443, CVE-2012-0444, CVE-2012-0445, CVE-2012-0446, CVE-2012-0447, CVE-2012-0449, CVE-2012-0450