AIX OpenSSH の脆弱性:openssh_advisory4.asc

medium Nessus プラグイン ID 76168

概要

リモート AIX ホストに、脆弱性のあるバージョンの OpenSSH があります。

説明

リモートホストで実行されている OpenSSH のバージョンは、複数のセキュリティバイパスの脆弱性の影響を受けます:

- バージョン 6.6 より前の OpenSSH における sshd は、sshd_config での AcceptEnv 行にあるワイルドカードを適切にサポートしていません。これにより、リモートの攻撃者が、ワイルドカード文字の前に配置した部分文字列を使用することで、意図された環境制限をバイパスする可能性があります。(CVE-2014-2532)

- バージョン 6.6 以前の OpenSSH クライアントにおける sshconnect.c の verify_host_key 関数により、リモートのサーバーが、許可されない HostCertificate を提示することで、SSHFP DNS チェックのスキップを発生させる可能性があります。
(CVE-2014-2653)

ソリューション

修正は入手でき、AIX の Web サイトからダウンロードできます。

tar ファイルから修正を抽出する方法:

zcat OpenSSH_6.0.0.6107.tar.Z | tar xvf -

重要:可能であれば、システムの mksysb バックアップ作成を推奨します。続行する前に、起動可能であり、読み取り可能であることを検証します。

修正のインストールをプレビューする方法:

installp -apYd。OpenSSH_6.0.0.6107

修正パッケージをインストールする方法:

installp -aXYd。OpenSSH_6.0.0.6107

関連情報

http://aix.software.ibm.com/aix/efixes/security/openssh_advisory4.asc

https://www14.software.ibm.com/webapp/iwm/web/preLogin.do?source=aixbp

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 76168

ファイル名: aix_openssh_advisory4.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

ファミリー: AIX Local Security Checks

公開日: 2014/6/20

更新日: 2021/1/4

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

Temporal Score: 4.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:ibm:aix:5.3, cpe:/o:ibm:aix:6.1, cpe:/o:ibm:aix:7.1

必要な KB アイテム: Host/AIX/lslpp, Host/local_checks_enabled, Host/AIX/version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/6/17

脆弱性公開日: 2014/3/15

参照情報

CVE: CVE-2014-2532, CVE-2014-2653

BID: 66355, 66459