openSUSE のセキュリティ更新:カーネル(openSUSE-SU-2014:0856-1)

high Nessus プラグイン ID 76342
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート openSUSE ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Linux カーネルが、セキュリティ問題やバグを修正するために更新されました。

修正されたセキュリティ問題:CVE-2014-3153:Linux カーネルの kernel/futex.c の futex_requeue 関数が、呼び出しに対して 2 つの異なる futex アドレスの設定を行うようにしていませんでした。これにより、ローカルのユーザーは、安全でない待機処理の修正を行う、細工された FUTEX_REQUEUE コマンドで権限を取得することができます。

CVE-2014-0077:マージ可能なバッファが無効のとき、Linux カーネルの drivers/vhost/net.c がパケットの長さを適切に検証しませんでした。これによりゲストの OS ユーザーが、_rx と get_rx_bufs の関数の処理に関連して細工されたパケットを使うことにより、サービス拒否(メモリ破損とホスト OS のクラッシュ)を引き起こしたり、ホスト OS で権限を取得したりすることが可能でした。

CVE-2014-0055:Linux カーネルパッケージの vhost-net サブシステムにある drivers/vhost/net.c の get_rx_bufs 関数が vhost_get_vq_desc エラーを適切に処理しませんでした。これにより、ゲストの OS ユーザーが特定されないベクターでサービス拒否(ホスト OS のクラッシュ)を引き起こすことが可能でした。

CVE-2014-2678:Linux カーネルにある net/rds/iw.c の rds_iw_laddr_check 関数を利用することにより、ローカルのユーザーが、 RDS トランポートのないシステムにある RDS ソケットの BIND システムコールにより、サービス拒否(NULL ポインターデリファレンスとシステムクラッシュ)を引き起こしたり、特定されない他の影響を及ぼしたりすることが可能でした。

CVE-2013-7339:Linux カーネルにある net/rds/ib.c の rds_ib_laddr_check 関数を利用することにより、ローカルのユーザーが、RDS トランポートのないシステムにある RDS ソケットの BIND システムコールにより、サービス拒否(NULL ポインターデリファレンスとシステムクラッシュ)を引き起こしたり、特定されない他の影響を及ぼしたりすることが可能でした。

CVE-2014-2851:Linux カーネルの net/ipv4/ping.c の ping_init_sock 関数で整数オーバーフローが発生することにより、ローカルのユーザーが、不適切に管理されている参照カウンターを利用する細工されたアプリケーションで、サービス拒否(use-after-free とシステムクラッシュ)を引き起こしたり、権限を取得したりすることが可能でした。

CVE-2014-3122:Linux カーネルの mm/rmap.c の try_to_unmap_cluster 関数は、どのページをロックする必要があるのか適切に考慮しませんでした。これにより、ローカルユーザーが、ページテーブルのマッピング削除を必要とするメモリ使用パターンを発生させることにより、サービス拒否(システムクラッシュ)を引き起こす可能性がありました。

修正されたバグ:

- memcg:memory.force_empty knob を廃止します(bnc#878274)。

ソリューション

影響を受けるカーネルパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=869563

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=870173

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=870576

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=871561

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=873374

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=876102

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=878274

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=880892

https://lists.opensuse.org/opensuse-updates/2014-07/msg00002.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 76342

ファイル名: openSUSE-2014-451.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/7/2

更新日: 2021/1/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-debug-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-default-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-desktop-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-ec2-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-pae-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-source, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-source-vanilla, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-syms, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-trace-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-vanilla-devel-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-base, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-base-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-debuginfo, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-debugsource, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-devel, p-cpe:/a:novell:opensuse:kernel-xen-devel-debuginfo, cpe:/o:novell:opensuse:12.3

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/6/13

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Android "Towelroot" Futex Requeue Kernel Exploit)

参照情報

CVE: CVE-2013-7339, CVE-2014-0055, CVE-2014-0077, CVE-2014-2678, CVE-2014-2851, CVE-2014-3122, CVE-2014-3153