RHEL 5/6:JBoss Web Server(RHSA-2014:0834)

medium Nessus プラグイン ID 76399
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

3 つのセキュリティ問題と 1 つのバグを修正する更新済みの tomcat6 パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 5 および 6 上の Red Hat JBoss Web Server 2.0.1 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新のセキュリティ上の影響は中程度であると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Red Hat JBoss Web Server は、Java Web アプリケーションをホスティングするコンポーネント全体の統合認定セットです。Apache HTTP Server、 Apache Tomcat サーブレットコンテナ、Apache Tomcat コネクタ(mod_jk)、JBoss HTTP コネクタ(mod_cluster)、Hibernate、 Tomcat Native ライブラリで構成されます。

Apache Tomcat が、チャンク転送エンコーディングを使用する際にチャンクサイズの長さを制限していないことが判明しました。リモートの攻撃者はこの欠陥を利用して、無制限の量のデータをストリーミングすることで Tomcat に対する DoS 攻撃(サービス拒否攻撃)を行うことができ、サーバーリソースの過剰消費を引き起こすことがあります。(CVE-2014-0075)

Apache Tomcat が、リクエストのコンテンツの長さのヘッダーを解析する際に、オーバーフローの値をチェックしていないことが見つかりました。リモートの攻撃者はこの欠陥を利用して、Content Length ヘッダーを適切に処理していたリバースプロキシ下の Tomcat サーバーにおいて HTTP リクエストスマグリング攻撃を行うことができます。(CVE-2014-0099)

Apache Tomcat の org.apache.catalina.servlets.DefaultServlet 実装により、提供された XSLT において XML 外部エンティティ(XXE)の定義が可能になっていたことが見つかりました。悪意のあるアプリケーションはこれを利用して、意図されたセキュリティ制限を回避し、機密情報を漏洩することができます。(CVE-2014-0096)

CVE-2014-0075 の問題は、Red Hat Product Security の David Jorm 氏によって発見されました。

この更新では以下のバグも修正されます。

Red Hat JBoss Web Server 2.0.1 の依存パッケージとして提供されている tomcat6-lib-6.0.37-19_patch_04.ep6.el5 パッケージには、commons-dbcp.jar のビルドが含まれており、これが正しくない java パッケージ名を使用するために、この依存パッケージを使用するアプリケーションが正しく動作しませんでした。この更新で、その java パッケージ名が修正されました。(BZ#1101287)

Red Hat JBoss Web Server 2.0.1 の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済み tomcat6 パッケージへアップグレードし、これらの問題を修正することが推奨されます。この更新を有効にするには、Red Hat JBoss Web Server プロセスを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2014:0834

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-0075

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-0096

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2014-0099

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 76399

ファイル名: redhat-RHSA-2014-0834.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/7/8

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 3.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:tomcat6, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:tomcat6-admin-webapps, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:tomcat6-docs-webapp, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:tomcat6-el-2.1-api, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:tomcat6-javadoc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:tomcat6-jsp-2.1-api, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:tomcat6-lib, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:tomcat6-log4j, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:tomcat6-servlet-2.5-api, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:tomcat6-webapps, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/7/3

脆弱性公開日: 2014/5/31

参照情報

CVE: CVE-2014-0075, CVE-2014-0096, CVE-2014-0099

BID: 67667, 67668, 67671

RHSA: 2014:0834