Oracle iPlanet Web Proxy Server 4.0 < 4.0.24 複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 76592

概要

リモートホスト上の Web プロキシサーバーは、複数の脆弱性による影響を受けます。

説明

リモートホストにある Oracle iPlanet Web Proxy Server (旧 Sun Java System Web Proxy Server)は、4.0.24 より前のバージョン 4.0 です。したがって、次の脆弱性の影響を受けます:

- ネットワークセキュリティサービス(NSS)実装がデータ構造を確実に初期化できないことにより、サービス拒否、または機密情報の漏洩が発生することがあります。(CVE-2013-1739)

- Network Security Services(NSS)実装が TLS False Start 機能を適切に処理せず、中間者攻撃をできることがあります。
(CVE-2013-1740)

- 「PRUint32」値の最大サイズの半分を超える入力の処理に関係する、エラーが存在します。
(CVE-2013-1741)

- ファイル「ssl/ssl3con.c」の関数「Null_Cipher」に、無効なハンドシェイクパケットの処理に関連するエラーがあることにより、任意のコードが実行されることがあります。(CVE-2013-5605)

- ファイル「lib/certhigh/certvfy.c」の関数「CERT_VerifyCert」にエラーがあることにより、無効な証明書を有効なものとして処理できることがあります。
(CVE-2013-5606)

- Network Security Services(NSS)で libssl に、セッションチケットの処理中に発生する競合状態が、含まれます。リモートの攻撃者がこの欠陥を悪用して、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2014-1490)

- ネットワークセキュリティサービス(NSS)がデフィーヘルマン鍵交換の公開値を適切に制限しないことにより、リモートの攻撃者が暗号保護機構をバイパスできます。(CVE-2014-1491)

- ワイルドカード証明書の IDNA ドメインプレフィックスを適切に処理していないため、ネットワークセキュリティサービス(NSS)ライブラリに問題が存在します。この問題により、中間者攻撃を招く可能性があります。(CVE-2014-1492)

ソリューション

バージョン4.0.24以降にアップグレードしてください。

注意:Microsoft Windows ホスト上のインストールの場合、この記事の時点では Microsoft Windows ホストで利用できるパッチはありません。パッチが利用可能になる日付については、ベンダーにお問い合わせください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?d0f65b42

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 76592

ファイル名: iplanet_web_proxy_4_0_24.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2014/7/18

更新日: 2018/11/15

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:oracle:iplanet_web_proxy_server

必要な KB アイテム: SMB/iplanet_web_proxy_server/path, SMB/iplanet_web_proxy_server/version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/7/15

脆弱性公開日: 2014/7/15

参照情報

CVE: CVE-2013-1739, CVE-2013-1740, CVE-2013-1741, CVE-2013-5605, CVE-2013-5606, CVE-2014-1490, CVE-2014-1491, CVE-2014-1492

BID: 62966, 63736, 63737, 63738, 64944, 65332, 65335, 66356