RHEL 6:MRG(RHSA-2013:0622)

high Nessus プラグイン ID 76659

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題および 3 つのバグを修正する、更新済みの kernel-rt パッケージが、Red Hat Enterprise MRG 2.3 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

kernel-rt パッケージには Linux オペレーティングシステムのコアである Linux カーネルが含まれています。

この更新では以下のセキュリティ上の問題が修正されます:

* 「/dev/cpu/[x]/msr」ファイルのファイル権限チェックが制限された root 環境で行われていた過程に、欠陥が見つかりました(例:ケーパビリティベースのセキュリティモデルを使用した場合)。これらのファイルに対する書き込み権を持つローカルのユーザーはこの欠陥を悪用して、カーネルレベルに権限を昇格できます(例:SYSENTER_EIP_MSR レジスターに書き込むなど)。(CVE-2013-0268、重要度高)

* デバッグ対象が、停止される代わりに SIGKILL シグナルによって呼び出された場合に、 Linux カーネルの ptrace 実装が、PTRACE_SETREGS リクエストを処理する方法に競合状態が見つかりました。ローカルの権限のないユーザーが、この欠陥を利用して、権限を昇格する可能性があります。
(CVE-2013-0871、重要度高)

* SOCK_DIAG_BY_FAMILY Netlink メッセージが Linux カーネルで処理される方法で、領域外アクセスの欠陥が見つかりました。ローカルの権限のないユーザーが、この欠陥を利用して、権限を昇格する可能性があります。(CVE-2013-1763、重要度高)

* デフォルトの SCSI コマンドフィルターが、デバイスクラスをオーバーラップするコマンドを受け入れないことが判明しました。特権ゲストはこの欠陥を悪用して、読み取り専用として渡された LUN に任意のデータを書き込む可能性があります。(CVE-2012-4542、重要度中)

MSG_PEEK オプションがリクエストされたときに、Linux カーネルの __skb_recv_datagram() 関数が、ペイロードレスのソケットバッファ(skb)を処理する方法で、欠陥が見つかりました。権限のないローカルユーザーがこの欠陥を利用して、サービス拒否(無限ループ)を引き起こす可能性があります。
(CVE-2013-0290、重要度中)

(CVE-2012-4542)この問題は、Red Hat の Paolo Bonzini により発見されました。

この更新は以下のバグも修正します:

* アイドリングの前にロードバランシングを行うと run キューロックで高コンテンションがありました。これにより、高 CPU コアカウントシステムでレイテンシスパイクが発生しました。
この更新により、保留の作業があるコアへ通知を送信するために IPI が使用され、コアは作業をプルするのではなくプッシュするようになり、この問題は解決されました。(BZ#858396)

* 以前は、ACPI ロックが rt_mutex に変換されていました。これにより、アトミック中にスケジューリングが行われると、トレースバックが引き起こされました。この更新により、ACPI ロックが元の raw スピンロックに変換されるようになりました。(BZ#909965)

* ファイバチャネル(FC)/iSCSI デバイスの状態がオフラインに設定され、タイムアウト後に実行状態に戻されませんでした。このようなデバイスは、fast_io_fail またはタイムアウトの後にオンラインに戻りません。この更新により、オフラインのデバイスを明示的にチェックする機能が追加され、再初期化時にデバイスが元の実行状態に設定され、デバイスがエラーまたはタイムアウト後に復旧できるようになりました。(BZ#912942)

ユーザーは、これらの更新済みパッケージにアップグレードし、これらの問題を修正する必要があります。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2013:0622

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-0871

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2012-4542

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-0290

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-1763

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2013-0268

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 76659

ファイル名: redhat-RHSA-2013-0622.nasl

バージョン: 1.19

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/7/22

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-firmware, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-trace-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-rt-vanilla-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:mrg-rt-release, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2013/3/11

脆弱性公開日: 2013/2/17

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

参照情報

CVE: CVE-2012-4542, CVE-2013-0268, CVE-2013-0290, CVE-2013-0871, CVE-2013-1763

BID: 57838, 57964, 57986, 58088, 58137

RHSA: 2013:0622