Oracle Linux 7:カーネル(ELSA-2014-0786)

high Nessus プラグイン ID 76738

概要

リモートのOracle Linuxホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

リモートのOracle Linux 7ホストに、ELSA-2014-0786アドバイザリに記載されている複数の脆弱性の影響を受けるパッケージがインストールされています。

-3.14.1 までのLinuxカーネルにおいて、net/ipv4/ping.c 内のping_init_sock関数での整数オーバーフローにより、ローカルユーザーは、不適切に管理されている参照カウンターを利用する細工されたアプリケーションを通じて、サービス拒否(use-after-freeとシステムクラッシュ)を引き起こしたり、権限を取得したりする可能性があります。
(CVE-2014-2851)

-3.14.5までのLinuxカーネルでのkernel/futex.cのfutex_requeue関数は、呼び出しに 2 つの異なる futex アドレスがあることを確認しません。このため、安全でない waiter 変更を容易にするように細工されたFUTEX_REQUEUE コマンドを通じて、ローカルユーザーが権限を取得できます。(CVE-2014-3153)

-FDRAWCMD ioctl呼び出しの処理中、3.14.3までのLinuxカーネルでdrivers/block/floppy.c 内のraw_cmd_copyin関数が、エラー状態を適切に処理しません。これにより、ローカルユーザーが kfree操作をトリガーし、/dev/fdデバイスへの書き込みを利用して権限を取得することができます。(CVE-2014-1737)

-FDRAWCMD ioctl呼び出しの処理中、3.14.3までのLinuxカーネルにおいて drivers/block/floppy.c 内のraw_cmd_copyout関数は特定のポインターへのアクセスを適切に制限しません。これにより、ローカルユーザーが /dev/fdデバイスへの書き込みアクセスを利用して、カーネルヒープメモリから機密情報を取得する可能性があります。(CVE-2014-1738)

-3.13.6 までのLinuxカーネルのnet/netfilter/nfnetlink_queue_core.cにおける nfqnl_zcopy関数のメモリ解放後使用(Use-After-Free)の脆弱性により、攻撃者が特定の孤立化操作を利用することで、カーネルメモリから機密情報を取得することが可能です。注:影響を受けるコードが、脆弱性が発表される前に、net/core/skbuff.cのskb_zerocopy関数に移動されました。(CVE-2014-2568)

-3.14.3 までのLinuxカーネルにおいて、net/core/filter.c 内のsk_run_filter関数にある (1) BPF_S_ANC_NLATTRおよび(2) BPF_S_ANC_NLATTR_NESTの拡張実装が、特定の長さの値が充分な大きさになっているかをチェックしていません。これにより、ローカルのユーザーが細工されたBPF 命令を介して、サービス拒否(整数アンダーフローおよびシステムクラッシュ)を引き起こすことが可能です。注:脆弱性が発表される前に、影響を受けるコードが__skb_get_nlattrおよび
__skb_get_nlattr_nest関数に移動しました。(CVE-2014-3144)

-3.15.1までのLinuxカーネルにおける fs/aio.cのaio_read_events_ring関数の配列インデックスエラーにより、ローカルのユーザーは、大きなヘッド値を介してカーネルメモリから機密情報を取得することが可能です。
(CVE-2014-0206)

-3.14.3 までのLinuxカーネルにおいて、net/core/filter.c 内のsk_run_filter関数にある BPF_S_ANC_NLATTR_NESTの拡張実装が、特定の減算で逆の順番を使用します。これにより、ローカルのユーザーが細工されたBPF 命令を介して、サービス拒否(オーバーリードとシステムクラッシュ)を引き起こすことが可能です。注:影響を受けるコードが、脆弱性が発表される前に、__skb_get_nlattr_nest関数に移動されました。
(CVE-2014-3145)

Nessusはこの問題をテストしておらず、代わりにアプリケーションの自己報告されたバージョン番号にのみ依存しています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://linux.oracle.com/errata/ELSA-2014-0786.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 76738

ファイル名: oraclelinux_ELSA-2014-0786.nasl

バージョン: 1.24

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2014/7/24

更新日: 2021/9/8

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: CVE-2014-3153

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6.3

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:oracle:linux:7, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-abi-whitelists, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-headers, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs, p-cpe:/a:oracle:linux:kernel-tools-libs-devel, p-cpe:/a:oracle:linux:perf, p-cpe:/a:oracle:linux:python-perf

必要な KB アイテム: Host/OracleLinux, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/local_checks_enabled

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2014/7/23

脆弱性公開日: 2014/3/21

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Android "Towelroot" Futex Requeue Kernel Exploit)

参照情報

CVE: CVE-2014-0206, CVE-2014-1737, CVE-2014-1738, CVE-2014-2568, CVE-2014-2851, CVE-2014-3144, CVE-2014-3145, CVE-2014-3153

BID: 66348, 66779, 67300, 67302, 67309, 67321, 67906, 68176

RHSA: 2014:0786