Microsoft Exchange クライアントアクセスサーバーの情報漏洩

high Nessus プラグイン ID 77026

概要

リモートのメールサーバーが、情報漏洩の脆弱性による影響を受けます。

説明

Microsoft Exchange クライアントアクセスサーバー(CAS)は、情報漏洩の脆弱性の影響を受けます。認証されていないリモートの攻撃者が、この脆弱性を悪用して、サーバーの内部 IP アドレスを入手する可能性があります。
攻撃者は、空のホストヘッダーを持つWebサーバーに細工されたGETリクエストを送信し、ヘッダー応答で下層システムの内部IPアドレスを漏えいさせる可能性があります。

ソリューション

現在のバージョンでは、攻撃2(リバースプロキシ/ゲートウェイ)のみが修正されています。提供されている最新のベンダーパッチを適用してください。

関連情報

http://foofus.net/?p=758

http://www.nessus.org/u?4eedfe2d

http://www.nessus.org/u?caaa19d8

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 77026

ファイル名: exchange_ip_disclosure.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: remote

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2014/8/6

更新日: 2019/1/2

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

CVSS スコアのソース: manual

CVSS スコアの根本的理由: Nvd score unavailable. information disclosure vulnerability.

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 4.2

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:U/RC:ND

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:exchange_server

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

脆弱性公開日: 2014/8/1

参照情報

BID: 69018