MS14-044: Vulnerability in SQL Server Could Allow Elevation of Privilege (2984340) (uncredentialed check)

high Nessus プラグイン ID 77161

概要

SQL Server のクロスサイトスクリプティング脆弱性により、権限が昇格される可能性があります。

説明

あるバージョンの Microsoft SQL Server がリモートホストにインストールされています。SQL Server のこのバージョンは、複数の脆弱性の影響を受ける可能性があります。

- A cross-site scripting vulnerability exists in the SQL Master Data Services. (CVE-2014-1820)

- SQL Server に、サービス拒否の脆弱性が存在します。
(CVE-2014-4061)

ソリューション

Microsoftは、SQL Server 2008、2008 R2、2012、2014用の一連のパッチをリリースしています。

参考資料

http://www.nessus.org/u?7712db7a

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 77161

ファイル名: smb_kb2984340.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: remote

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2014/8/12

更新日: 2022/4/11

設定: パラノイドモードの有効化, 徹底したチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

CVSS スコアのソース: CVE-2014-1820

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:N/I:N/A:H

現状ベクトル: CVSS:3.0/E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:sql_server

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2014/8/12

脆弱性公開日: 2014/8/12

参照情報

CVE: CVE-2014-1820, CVE-2014-4061

BID: 69071, 69088

CWE: 20, 442, 629, 711, 712, 722, 725, 74, 750, 751, 79, 800, 801, 809, 811, 864, 900, 928, 931, 990

MSFT: MS14-044

MSKB: 2984340